▲マイナールートに大苦戦 - 雲取山 2日目 (2,017m)

2018年09月23日 (日) 23:41

1日目 からの続き。

3時過ぎに起床して、まずは荷物を玄関に移動。
自分はぐっすり寝ていたが、友人2人は相部屋になった人の鼾であまり眠れなかったらしい。
耳線をしていても、凄い人の鼾は余裕で突き抜けて来るから恐ろしい。
沖縄旅行で泊まったゲストハウスでも、自分は蚊に刺されながら気付かず熟睡していたし、
こういう時の図太さには我ながら感心する。


 

▲9年振りの体力測定 - 雲取山 1日目 (2,017m)

2018年09月22日 (土) 23:31

ほぼ毎年恒例、年に一度の泊まり山行。今年は 9年振り の雲取山に決定。
いつものメンバーを初めて泊まり山行に招待したのがこの雲取山で、
そう言えば 自身初めての泊まり山行 も雲取山だった。
約10年を経てオッサン化が進んだ今、我々の山体力はどうなっているのかを測るには良い機会だ。


 

▲真夏の低山は湿度との闘い - 官ノ倉山・笠山・堂平山 (876m)

2018年08月12日 (日) 23:52

特に「山の日」に因むわけではないんだけど、8月第1週に予定していた山行が台風で流れたため、
個人的に谷川岳に登ることを計画。
直前で1人増えて2人で12日に登ろうとしていたら、またしても天候が微妙な情勢に・・・
谷川岳は天候によるコンディションの変化が激しく、あまり無理をしてアタックするのは避けたいところ。
とはいえ、これ以上スケジュールを後ろ倒しにも出来ないので、諦めて近場の低山で手を打つことにする。
真夏で暑さと湿度が凄い上に天候の不安もあるので、何度か登っている 秩父の低山 をリストアップ。
里山なのですぐに下山出来るし、エスケープルートからのバスも便数が多く、天候悪化に対応し易い。


 

▲謹製アートの楽園 - 不老山 (928m)

2018年06月09日 (土) 23:25

会社のメンバーで 昨年の社員旅行 以来、約1年振りの山行。
今回は自分以外のメンバーが神奈川県在住だったこともあり、丹沢・箱根方面で検討。
丹沢は 4月に塔ノ岳 に登っているし、まだ歩いていないちょっとマニアックな山を探したところ、
西丹沢エリアの不老山が候補に挙がった。偶然にも今がサンショウバラの見頃とのこと。


 

▲桜と酷暑の表尾根縦走 - 塔ノ岳 (1,491m)

2018年04月21日 (土) 19:08

仲間内での山初めが遅れに遅れて、4月後半にようやく実現。
守谷から来るメンバーのアクセスとそれなりの歯応えという観点から、馴染みの塔ノ岳に決定。
先一昨年夏の縦走 以来ということで、2年半振りの丹沢エリアということになる。
(正確には、間に シダンゴ山 を挟んでるけど)


 

続きを読む >>