▲新緑の丹沢行 - 塔ノ岳(1,491m)

2010年05月10日 (月) 13:59



友人と2人、新緑の塔ノ岳に登ってきた。
最初は4月中旬に企画していたのだけど、雨どころか雪が降ってしまったので敢えなく延期。
8日もGW中は雨の予報だったので心配していたが、前日には晴れの予報に変わったので決行。

今回同行した友人はこういった登山がほぼ初めてということで、
普通なら陣馬山辺りからスタートするのだけど、
本人の「少しキツめでもOK」という宣誓に合わせて塔ノ岳を選択した。
 

小田急線の町田駅で、友人と同じ電車に乗り合わせる。
都内では雲一つ無い見事な晴天だったが、電車の窓から丹沢の山々が見えるようになると、
山頂に厚い雲がモッコリと引っ掛かっているのが気になった。




・秦野駅からヤビツ峠行のバスに乗り、ヤビツ峠から尾根道を縦走するルート
・渋沢駅から大倉行のバスに乗り、大倉から大倉尾根を真っ直ぐ北上するルート
塔ノ岳単体の登頂ルートは、この2つがメジャー。

大倉→大倉尾根ルートは一昨年の蛭ヶ岳で使ったのだけど、
大倉尾根が「バカ尾根」と呼ばれるだけあって、本当に上り一辺倒でシンドく、
振り返って景色を楽しむ余裕もあまり無いので今ひとつだった。

ヤビツ峠まではバスで1時間ぐらい揺られるので、下山後に乗るのは気が滅入るし、
逆に大倉から駅までは15分程で、夕方は1時間に3〜4本出ているので、
下山の時間をシビアに計算しなくて済む。(ヤビツからは1時間に1本で、最終も早い)
塔ノ岳単体で考えた場合、自分はヤビツから登って大倉に下りるのがベターだと思う。



ヤビツ峠バス停から登山道までは、30分ほど車道を下る。
電車から見た雲は案の定山全体を覆っていたけど、基本的には晴天であるためか、
ガスってはいるものの陰鬱な雰囲気ではなかった。気温も丁度良い。



ゴツゴツした岩場の道を1時間ほど登って「二ノ塔」、
以降はプチ縦走なので、少し下ってまた登ってと繰り返し、徐々に高度を上げていく。
ページ下の標高データを見ると、アップダウンの様子が分かると思う。
ガスのせいで遠くの山を見渡すことは出来ないけど、
隣の山肌が近いので、下りに入るとダイナミックな景色が見て取れる。
友人は俺が思っていた以上に高所恐怖症だったらしく、精神的にかなり消耗していた。

そう言えば、この辺りの山は昨年にそこそこの規模で整備が行われたようで、
ガレ場の鎖が新しくなっていたり、木道が新設されていたり、
閉鎖された小屋(書策小屋)が取り壊されたりしていた。
営業している小屋の数も含めて、かなり快適な山の1つと言えるだろう。



4月まで寒かった関東もGWを過ぎるとさすがに春らしくなってきて、
桜やアセビ、ツルキンバイなどがあちこちで咲いていた。
塔ノ岳山頂手前では鹿の群れにも遭遇。
こんな近くで静止している姿を見るのは久し振りだけど、
こちらを一瞥したきりまるで振り向かず、黙々と草を食んでいた。



登山口から3時間掛けて、眼下の景色が全く見えない山頂に到着。
ガスが無ければ富士山や丹沢の山々が一望出来ただけに、ちょっと残念。
山頂はそこそこ風が強く、じっとしていると結構肌寒い。
ウィンドブレーカーを着込んで、そそくさと昼食。温かいものが染みる。



下りは大倉バス停を目指して、大倉尾根をひたすら南下。
上りに使うと振り返る余裕が無く、目前の斜面ばかり見えてキツいコースだが、
下りなら景色を楽しみつつ、グングン高度を下げる感覚を味わうことが出来る。



下山途中からは雲も抜け、今まで褪せていた新緑が目に眩しく飛び込んでくる。
あと半月もすれば、西側の山々にツツジの白が見られるようになるだろう。

下山後は例によって温泉に浸かり、ビールを飲んで反省会。
自分は何度か登っている山なので、比較的ロスの無いプランで回ることが出来た。
友人もまた登りたいと言ってくれているし、これからも楽しく登れそうで期待大。

そう言えば、今年は奥多摩をさて置いて山梨・丹沢と回っているけど、
この先もしばらく奥多摩に山を登る目処がついていない。
別に避けているわけではないので本当に偶々なのだが、そろそろどこかで1本…




【 登山データ 】

塔ノ岳 1,491m(神奈川県)
コース:秦野駅→ヤビツ峠バス停→二ノ塔→三ノ塔→鳥尾山→行者ヶ岳→新大日→
木ノ又大日→塔ノ岳山頂→金冷シ→堀山→大倉バス停→渋沢駅

上記の標高データでは出発地点の標高が200mぐらいまで下がっているけど、
これは計測ミスで、実際には登山道に入る辺りで600mぐらい。
ヤビツ峠からも大倉からも山小屋が複数あるので、飲食物は現地調達が可能。
それぞれの山頂から派生ルートが出ているが、案内板を見れば間違える心配は無い。
ヤビツ峠からのコースではストックを持ったままだと危ない箇所が幾つかある。


▲塔ノ岳(2008.09.15)
▲塔ノ岳(2008.10.23)
▲塔ノ岳(2008.11.04)
尊仏山荘

コメント
この度は本当にありがとう!

高所恐怖症、、、情けなすぎるね(笑)


それにしてもGPSすごすぎます!!!

今まで気づいてなかったよ(苦笑)

いやいや、高所恐怖症は本来必要な防衛本能だしね〜
日頃鍛えられるようなものじゃないから、仕方無いかと…
次はもう少しのんびり眺めつつ登る山でもいいですな。

GPSは振り返りに便利だよね。
Googleマップと連動して一気に身近になったアイテムだと思います。
いいなぁGPS、というかデビューが塔ノ岳って凄いね。。。
俺は初回の登りで心が折れそう。

奥多摩の低山なら任せろw
  • by hikaru
  • 2010/05/11 6:39 PM
スパルタOKな人には英才教育しますよ(笑)

奥多摩は手近なところを大体回った後、雲取以外しばらく行けてないんだよなぁ。
見返したら、去年の7月以来だった。1年ご無沙汰…とかならんようにせねば。
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL