俺たちの海へ #2

2003年06月16日 (月) 21:19



金曜の夜から土曜にかけて、伊豆方面の温泉に行ってきた。
夜中の内に車を飛ばし、翌日の朝から浸かり倒すという強行スケジュールである。
夜の海を見て、花火に興じる光景を見て、思ったより早い夜明けの暑さに驚く。
懸念されていた天候が嘘のように、痛いぐらいの日差しに変わっていた。
 





温泉と温泉の合間に海を眺めに行く。
1年半振りに見た白い砂浜は、本当に、本当に綺麗だった。
波に身を投じて、久々に大はしゃぎ。
今回のキーアイテムは別な友人がプリントゴッコで作ってくれた、
「I LOVE EXILIM」のTシャツ。この頃はホント、EXILIM様々だった。



最後に立ち寄った温泉で、沢山の蜻蛉が舞っていた。
蜻蛉ぐらいどこだって見られると思っていたけど、東京で出会う機会は意外に少ない。

東京に戻ると待ち構えていたように雨の出迎えを受けた。
日常と非日常のコントラストが一際鮮やかになる終幕だった。


俺たちの海へ #1 (2002.01.08)

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL