▲陽だまりの山初め - 官ノ倉山・笠山・堂平山 (876m)

2011年01月09日 (日) 23:55



先週のダイヤモンド富士から1週間。
去年の山初めは3月だったけど、今年は新年早々に自身の山行をスタート。
1発目は昨年から延び延びになってしまっていた、外秩父七峰で足慣らし。
 



秩父はローカル線企画で三峯神社に行ったり、芝桜を観に行ったりしたことはあるのだが、
山としては3年前に雲取山に登る際の起点に使ったことがあるぐらい。
アクセスが悪くない割に、意外と縁が無かったエリアである。

夜明け前5時の電車に乗り、東武東上線の小川町駅に7時着。
陽も昇って青空が見え始めているが、この時点での気温は2〜3℃。
駅からしばらくは平坦な舗装路歩きが続くので、ウインドブレーカーを着込んで出発。

今回はほぼ「外秩父七峰縦走コース」をなぞる形で進む。
これは7つの山を縦走するとフルマラソン(42.195km)と同じ距離になるというもので、
春にはこのコースを使ってハイキング大会が催されている。
基本的にはこのコースに沿ったプランにしようと思ったのだが、
大まかなコースしか公開されておらず、手持ちの地図からそれっぽいコースを見繕って計画を立てた。



ちなみに今日のコース全般に言えることだが、この辺りは非常に神社が多い。
最初に辿り着くのは、高台にある八幡神社。



山里の道をしばらく進む。
昨晩は相当冷え込んだらしく、至る所に凍結の印が見て取れる。
雪は降っていないようだが、どこかしらで足場に影響が出ているかもしれない。

駅を出てから30分強で山道らしい道に入るが、これはスグに舗装路に抜ける。
しっかりとした山道になるのは、出発してから1時間後。
縦走コースの道は全体的に整っていて非常に歩き易いのだが、
山頂手前の30分はかなりの傾斜となり、歩き易いけど楽じゃない、なかなかの好バランス。



9時少し前に石尊山に到着。
344mという低い山だが、これがまた抜群の展望で驚かされた。
見出しの写真は石尊山の山頂から撮ったもので、関東平野が大きく拓けている。
それにしても、眼下に連なる小さな山々の数が尋常じゃない。
変な例えだが、ファミコン時代のドラクエの山って、こんな感じに見えたなぁとか思った。



石尊山から10分と経たずに官ノ倉山。標高はほぼ一緒。
コース的には石尊山よりこちらの方が扱いが大きい…と言うか、
石尊山は紹介すらしてもらえない不遇っぷりで疑問だったのだが、どうやら官ノ倉山は双耳峰で、
この石尊山を含めた2つのピークを合わせて官ノ倉山と呼ぶらしい。
ちなみに官ノ倉は官ノ倉で悪くないものの、石尊側から来ると若干インパクトに欠ける。



官ノ倉を下山して、一旦舗装路に戻る。
ここまでは結果的に「外秩父七峰縦走コース」に沿って歩く形だったのだが、
舗装路に出たところで、それから外れることになった。
まぁそれでも地図上では実線扱いの道なので大丈夫だろうと思っていたら、
これ以降、次に目指す笠山への案内板が一切登場しないという予想外の事態。

普通、ある程度メジャーな山であれば、それぞれのルートに案内板が設置されている。
しかし、この辺りは先の「外秩父七峰縦走コース」の知名度が極端に高いからか、
それ以外のコースに対するサポートが著しく欠けてしまっているように感じた。

また、ここでも舗装路と砂利道の往復が続くのだが、現在地を確認する手段が乏しく、
時折現地の人に確認をお願いしつつ進むものの、それが原因となるミスリードが頻発した。
みんな親切に応対してくれるのだが、こちらが伝えている内容をあまり咀嚼していないため、
見当違いの場所を教えてくれてしまったり、色々と困ったことになった。

1:50,000の地図の場合、山道は大体網羅されているけど、
細かい舗装路まで書き込まれていないものが多く、
今回のように舗装路を何度も跨ぐ上に案内板が無いコースでは機能しない可能性がある。



地図情報を一旦脇に置いて、方角を頼りに進み、何とか目指す笠山への案内板を発見。
これ以降も案内板はほとんど無く、あっても信頼して良いのかイマイチ不安なものばかり。
頼りのマーカーも林業関連で取り付けられたものが混ざっていて紛らわしい。
しっかり地形を読めれば良いが、自信が無い場合、
「外秩父七峰縦走コース」を外れるのはかなりリスキーなエリアであるようだ。



12時半、最後の急勾配を登り切って笠山に到着。標高は一気に837m。
スタート地点である小川町駅の標高は100mにも満たないので、
何だかんだで延べ高低差は結構積み重ねていたことになる。
笠山神社の裏手に山頂があり、北東方面の展望はなかなか。

実はこの時点では気力が折れ掛けて、今日はこれで切り上げようかと思っていたのだけど、
昼食を摂ってお腹が満たされると、気力も回復して先を目指したくなった。現金なものである。



と言うワケで、気力充実で次の堂平山に向けて出発。
笠山以降は「外秩父七峰縦走コース」に戻ったので、もう道迷いの心配は無い。



堂平山の登山道は、明るく気持ちが良い。
笠山はヒノキ主体の陰気な道が続いていたが、こちらはコナラ・ミズナラ等が中心。
どちらも個性なので好き嫌いを言っても始まらないけど、
同じ汗して歩くなら、やはり見通しの良い明るい道の方が楽しいというのが本音。
登り始めて30分、唐突に拓けた山頂が現れる。



堂平山の山頂には旧東京天文台があり、他の山には無い一風変わった雰囲気。



実は車でも来ることが出来るのが少し残念ではあるものの、
それを補って余りある魅力を備えていて、ここから見る関東平野も素晴らしい。



剣ヶ峰を経由して、白石車庫バス停に降りる。
剣ヶ峰以降も「外秩父七峰縦走コース」は続くのだが、
この時季は日没も早いので、今回は当初の予定通り、ここで切り上げることにした。

白石車庫はこのコース上でもメジャーなバス停なので、
コースを外れても案内板はしっかり整備されている。
道の一部で沢の水が流れ込んできており、それが凍結していたのだが、
その上を落ち葉が覆っていたために気付くのが遅れ、見事に尻餅を突いた。
腰は打たずに済んだものの、咄嗟に突いた左掌と右肘が痣になってしまった。
まぁ怪我に含まれない程度のダメージで済んだので、不幸中の幸いだろう。

15時より少し前に、バス停に到着。
15時15分のバスに乗り、30分で出発地の小川町駅に帰着。
ここから近場の入浴施設に向かうプランもあったけど、今回はパスして電車に乗り込んだ。


今回は少なからずアクシンデントがあったものの、
結果的にはトータルプランの枠内で吸収出来たし、非常に得るものが大きい山行だった。
天気は最高、山も魅力的だったし、春以降もまた登りに来たいと思っている。



【 登山データ 】

石尊山 344m 〜 官ノ倉山 344m 〜 笠山 837m 〜 堂平山 876m 〜 剣ヶ峰 876m

コース:
小川町駅→石尊山→官ノ倉山→○○→○○→笠山神社下社→笠山(笠山神社本社)→
→堂平山→剣ヶ峰→白石峠→白石バス停→小川町駅

小川町駅前にはローソンがあるので、各種調達は現地でも可能。
舗装路歩きが長く、感覚的にはトレッキングよりも里山を楽しむハイキングに近い。
七峰コースは非常に整備された登山道だが、傾斜はそれなりの場所もある。
石尊山の山頂手前に若干のロープ・クサリ場あり。
頻繁に里の方に下りるルートなので、トイレや自動販売機などはそこそこ見付かる。
七峰コースから外れると途端に案内板が出なくなるので注意が必要。
七峰コースからは色々なバス停にエスケープが可能で、
各バス停に下りるコースであれば案内板が整備されている。


▲ダイヤモンド富士で初日の出 - 竜ヶ岳 (2011.01.02)
▲2010年山初め - 経ヶ岳・仏果山・高取山 (2010.03.22)

コメント
はじめまして。昨年からブログを読ませていただいております。年明けから楽しませていただきました。ありがとうございます。
写真、本文、もの選びの視点や山解説などあらゆる点で、見習うことばかりです。
横浜在住なので秩父の方も行ってみたいと思いました。
今年もトレッキングの指南書やステキな旅紀行、、
また楽しみにしています。
  • by トコパン
  • 2011/01/10 2:48 PM
トコパンさん、初めまして。
顔見知り以外で、こんなマイナーなブログを覗いて頂いている方が居るとは…(笑)

横浜からだと、アクセスの面では丹沢も選択肢が多くて良いですね。
同じ関東圏でも山域によって雰囲気が全然違うので、
もし登られる機会があれば、色々回って比べてみると面白いですよ。

今年もコンスタントに登る予定なので、
こんなブログでもご覧頂けると嬉しく思います!
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL