■カメラについて、レンズについて

2000年01月01日 (土) 00:00

これまでの遍歴は、キヤノン → カシオ → キヤノン → パナ...
デジカメを持ち始めて十余年、ミラーレスでとうとう一眼デビューを果たしてから、徐々に、しかし確実に所謂 "レンズ沼" に嵌りつつある。
自分の場合はトレッキング中の利用が大きなウェイトを占めることになるので、描写力と機動力のバランスを考えると、一眼レフの購入には踏み切れない。
 


現在は使っていないボディ・レンズも多いので、使っているもののみ記載
マイクロフォーサーズで使用する場合、レンズの焦点距離は35mm判換算で倍になる。
以下、35mm判換算の距離を書く場合、"換算●●mm" と記述。

 


【ボディ】 Panasonic LUMIX DMC-GX7 MK2

静止画の『GX7』と動画の『GH4』を1台にまとめるために買った、自身6台目のLUMIX。
発売から2年以上経ち、後継の『MK3』も発売されているため格安で購入出来た、コスパの1台。
有効画素数1,600万画素は先代『GX7』から据え置きで、見た目もそこまで変化していないとは言え、強力になった5軸手ブレ補正システムの恩恵はかなり大きい。
動画は『GH4』と大差無い印象ながら、常用している「FHD 60p」をこのサイズで持ち出せるのは嬉しい。
LVFがチルト式ではなくなったことを嘆く向きも多いが、自分の場合は山で肩から提げて歩く際に、意図せず跳ね上がってしまうことがストレスだったため、個人的に嬉しい変更点。

 


【ボディ】 Panasonic LUMIX DMC-GX1(+DMW-LVF2)

本体重量300gを切る小型軽量M4/3機。有効画素数1,600万画素。
最近はお蔵入りしていたが、子供がカメラを触りたがるので渡しておいたところ、すっかり撮影出来るようになっていて、思わぬ形で活躍の場が戻ってきた。

 


【ボディ(レンズ固定式)】 RICHO THETA S

有効画素数1,200万画素×2(出力画素数1,400万画素)。重量125g。
気軽に全天球撮影が可能なエポックメイキングな1台。3世代目の"S"は高画質化が進んでいる。
スマートフォンとの連携がほぼ必須だが、旅カメラとしてのポテンシャルは無限大。
動画のインパクトも凄いのだが、画質がネックとなり、現状はオマケ程度の立ち位置なのが惜しい。

 


【MF】 Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 MMJ
[焦点距離] 換算100mm相当 [フィルタ径] 55mm [重量] 275g [マウント] Y/C

レンズ交換式のカメラを手にしてから、最初にこのレンズをオークションで購入。
「標準」「王道」と呼ばれるに相応しい、癖の無い素直なボケ味が特徴。
M4/3に取り付けると倍の換算100mm相当となり、これ1本でやり繰りするのは、自分にはやや荷が重い。
その分、M4/3としては相当なボケ量を稼げるので、使いどころをちゃんと考えれば非常に有用。

 


【AF】 LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.
[焦点距離] 換算30mm相当 [フィルタ径] 46mm [重量] 115g [マウント] M4/3

言わずと知れたライカレンズ。
とは言ってもLEICAの審査をクリアしたPanasonic製レンズなので、本家より格段にリーズナブル。
金属外装ながら小型で軽く、独自の絞り環を備えていることが大きな特徴。
滑らかなボケ味が素晴らしく、M4/3の中ではボケを活かした撮影も味わえる1本。
手振れ補正非搭載だが、かなり明るいのでISOを若干上げれば結構頑張れる。

 


【AF】 LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
[焦点距離] 換算24〜64mm相当 [フィルタ径] 37mm [重量] 70g [マウント] M4/3

『GX7 MK2』に付いてきた、沈胴式のお手軽ズームレンズ。
重さ・大きさ以外はほぼ『LEICA 12-60mm』に負けているため、積極的に持ち出す機会は少ないものの、その手軽さは悪い意味でかなり魅力的なので、撮るか分からないけど・・・という場合に選ばれる。

ズームリングが撮影状態とOFF状態の切り替えを兼ねている特殊なレンズで、広角側の更に手前がOFF状態という扱いになっている。撮影時にはとりあえず回さないと撮影出来ないのが微妙にストレスだが、OFF状態のコンパクトさとトレードオフと考えれば、まぁ納得せざるを得ない。

 


【AF】 LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.
[焦点距離] 換算28〜280mm相当 [フィルタ径] 58mm [重量] 265g [マウント] M4/3

先代のF4スタートからワイド側が1段明るくなった万能ズーム。1本だけ持って旅行に出るなら、これか『LEICA 12-60mm』がファーストチョイス。
『LEICA 12-60mm』の広角・画質・明るさに慣れてしまうと、若干物足りなく感じるシーンも多少はあるが、やはりこの軽さ1本で換算280mmまでカバー出来てしまうのはインパクトが大きい。
このレンズの登場により、『45-200mm』はお蔵入りとなった。

 


【AF】 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.
[焦点距離] 換算24〜120mm相当 [フィルタ径] 62mm [重量] 320g [マウント] M4/3

強力な手振れ補正「Dual I.S.」により、動画にも強い1本。描写もしっとりとした質感で味わい深く、色々なものを撮ってみたくなる。
所持レンズの中では最も広角で撮れるので、大抵の外出はこれだけでどうにかなる。標準域の5倍ズームで320gという取り回しの良さは、持ち主を堕落させる一方。
ただ、前に使っていた『12-35mm』から15gしか増えていないはずなのに、『GX7 MK2』に装着した際のバランスが悪くなり、そこそこ重く感じるようになった。トレッキングにこれと『14-140mm』のどちらを持って行くかが非常に悩ましい。

 


【MF】 ボディーキャップレンズ BCL-1580
[焦点距離] 換算30mm相当 [フィルタ径] ------ [重量] 22g [マウント] M4/3

その名の通り、ボディキャップと見紛うほど小型のレンズ。OLYMPUS製。
無限遠/パンフォーカス/近接の3モードを前面のレバーで切り替えるようになっており、そのレバーがそのままスライド式のレンズキャップも兼ねている。
あまり出番が無かったんだけど、子供に持たせる分には気軽だし、パンフォーカスという性質がかみ合っているため、思わぬ形で活躍の場を得ることになった。

同じカテゴリの記事 (直近5件)
コメント
コメントする