▲春霞の富士展望ハイク - 石割山 (1,412m)

2016年04月09日 (土) 23:21

計画自体は3月時点からあったんだけど、スケジュール調整に難航して、
4月に入ってようやく今年の山初めに漕ぎ着けることが出来た。
昨年末の山行 から既に4ヶ月、冬の間の運動不足も極まり、すっかり鈍った身体に喝を入れるべく、
今回は友人と2人で山中湖北岸の山々をプチ縦走することにする。
ピークは山中湖北東部の石割山だが、それ自体は割とすぐに登れてしまうので、
そこから西側に向かって小ピークを渡り歩き、コース全体で1つの山といった感覚のプランを組んだ。


 

 

 
6時に家を出て、中央線で高尾、中央本線から直通の 富士急行 で一気に富士山(旧:富士吉田)駅へ。
駅のホームからは上半分に雪を纏った富士山が綺麗に見えている。
富士山駅は改名に合わせて駅舎を改装しており、土産物コーナーやカフェが増えるなど、
駅だけが一気に観光地化されているのだが、駅周辺は変わらず長閑なままのため、
駅と周辺とのギャップが凄いことになっている。





バスが来るまで30分あるので、駅で見付けた「ふじやまたいやき」でエネルギー充填。
富士山の形をしているのが一番の特徴だが、皮の食感も一風変わっていてなかなか美味しかった。

 


富士山駅からバスで40分弱の山中湖 平野バス停が、今回のスタート地点。
この時点で既に10時40分といつもよりかなり遅めのスタートなのだが、
これより早いバスは3時間も前になってしまい、東京からでは間に合わない。
・・・と思っていたら、これは 富士急行バス に限った話で、
実は富士山駅から 富士急山梨バス が運行する ふじっ湖号 というものが出ていて、
こちらを使えば9時15分にスタート出来ることが後で分かった(汗)
ただ、今回は遅めの出発でもタイムスケジュールにかなり余裕があり、
結果的には10時40分スタートで丁度良かったのかもしれない。多分。

 


平野バス停からはコースタイムで30分程の舗装路歩きが始まる。
まずは"同志みち"に沿って北上し、不動明王社から左に入って石割神社を目指す。
不動明王社を右に通り過ぎて少し進んだところから左折すると 石割の湯 があるが、
今回は石割山からピストンで下山するプランではないので、石割の湯は次回に持ち越し。

 


不動明王社から緩やかな舗装路を15分程歩くと、石割神社の赤い鳥居が見えてくる。
ここからは神社への参道であると同時に、石割山ハイキングコースとなるのだが、
この参道は403段の真っ直ぐな石段という、なかなか強烈なインパクトを備えている。
写真に撮っても、一番上が写らない・・・




▲ THETA公式サイトで全天球写真を表示します


石段を上る以外にどうすることも出来ないので、ブランク明けの鈍った身体に鞭を打って、
ヒーヒー言いながらひたすら403段を登り続ける。
途中に今何段なのかといった表示は一切無く、これはなかなかにシンドい。
ようやく登り切ったと思ったら、右に曲がってからもまだ少し残っていたり、見事なドS仕様だった。


▲ THETA公式サイトで全天球写真を表示します

 


階段を登り切って富士見平を過ぎ、20分ほど砂利道を上ると、ようやく石割神社に到着となる。
石割の湯側からは富士見平まで舗装路が延びていて、一応、石割神社までの砂利道も車で上がれるらしい。

神社の手前に軽トラックが5台ぐらい停まっていて、妙に人が多くて何かと思ったら、
どうやら毎年4月8日・9日は石割神社祭なる行事が執り行われているらしい。
神主さんも居たけど、基本的にやっていることはバーベキュー(笑)
岩に囲まれた狭い境内に焼肉の匂いが充満しているのはちょっと不思議な光景だったけど、
小学生を沢山招いて賑やかにやっている町内会っぽいイベントのようなので、これはこれで良し。


▲ THETA公式サイトで全天球写真を表示します


"石割"と名の付く通り、この神社は「石」の字の形に割れた大岩を御神体としている。
どこが石の字なのかちょっと分からなかったけど、この岩の隙間を時計回りに3周すると
ご利益があるとのことなので、とりあえず子供たちを掻き分けて3周してみた。
この隙間、大人は身体を横にしないと通れないほどの狭さで、ザックを背負っていては通過出来ない。
403段を踏破した人なら大丈夫だと思うけど、あまりの巨躯を誇る方は通行不能なので要注意。


▲ THETA公式サイトで全天球写真を表示します

 


石割神社から15分程で、石割山山頂に到着。
ここまではほとんど展望が無いコースだったけど、山頂では一気に開けて大パノラマが待っている。
正面には富士山が鎮座し、麓には山中湖も見えている。
この日は東京で20度に届くほど暖かく、山頂到着時点で12時近くになるスケジュールだったので、
富士山が見えているか五分五分ぐらいだと踏んでいたけど、何とかギリギリで見ることが出来た。

▼ 別ウィンドウでパノラマ写真を表示します


▲ THETA公式サイトで全天球写真を表示します


広い山頂に腰を下ろして、定番メニューで昼食。
冷たいものでも良かったぐらいの暖かさだったけど、さすがにまだそこまでは踏み込み切れず、
この日はカップ麺と熱いコーヒーで若干汗ばみながら空腹を満たす。
富士山は間も無く雲に隠れてしまい、コースタイムより20分程早く登頂していたのは僥倖だった。

 


13時前に山頂を出発。ここからは南西に向けて、山中湖北岸に沿うように縦走する。
ずっと富士山に向かって進むコースなので、雲が無ければひたすら富士山と対峙し続けられるのだが、
それなりに木々が多いので、落葉しているシーズンの方がより堪能出来ると思われる。
この日は石割山山頂以降、ほとんど雲に隠れてしまっていたのが惜しまれるが、
それでも山中湖を見下ろしながら悠々と歩けたので気分爽快だった。

山頂直下はそこそこの斜度があり、足場がザラザラ滑って踏ん張りが利かず、意外とスリリング。
岩場ではないので大怪我には到らないまでも、気を抜くと簡単にスリップするので神経を使う。


 


石割山から25分で平尾山に到着。ここからの展望も抜群に良い。
登り返しがほとんど無かったため、ピークというより下山途中の展望ポイントのような印象。


▲ 別ウィンドウでパノラマ写真を表示します

 


平尾山から特に案内板の無い大窪山を越えて、20分で大平山へ。
平尾山から一気に下る分、ここは登り返しが結構強烈。
と言うのも、石割山からの下り以降、アップダウンは基本的に木の階段がしっかり整備されていて、
しかもほとんど一直線の直登を強いられるため、脚への負担が案外馬鹿にならないのである。
ここまで完璧に階段が整備され尽した登山道って、今までに経験が無いかも。





大平山はテレビ関係の施設が設置されているが、やはり展望は素晴らしい。
しばらく雲隠れしていた富士山も、この頃からちょいちょい顔を覗かせてくれるようになっていた。

▼ 別ウィンドウでパノラマ写真を表示します

 


この先もやはり木の階段によるアップダウンを繰り返し、単なる通り道のような飯盛山、
どこが山頂か分からなかった長池山を通って30分で車道に出て、更に20分で山中湖北西の大出山入口に到着。
コースタイムから1時間15分ほど前倒しで下山しているので、これなら帰りのバスも1〜2本早められそう。


 


白鳥を見ながら山中湖畔を30分弱歩き、紅富士の湯 で汗を流してエクストラコールドで乾杯!

紅富士の湯は、確か 8年前の富士登山 以来の二度目。
新しく綺麗だから風情は無いけど、広くて寛げるので使い勝手は悪くない。
ただ、バスツアーの団体客が利用することもあり、タイミングによってはかなり混雑しそう。

▼ 別ウィンドウでパノラマ写真を表示します


 


ホテルマウント富士バス停に向かうと、タイミング良くバス(ふじっ湖号)が来ていたため、
待ち時間なしで富士山駅に到着し、更にタイミング良く中央本線との直通列車に乗れたので、
当初の予定より1時間半も早く東京に戻ることが出来た。
友人とは八王子で解散なので、八王子の二郎インスパイア系 田田 で大盛を食べて終了。




今回はスケジュールの調整がつかず、2人だけで見切り発車の山行となってしまったけど、
5月には何とか4人揃ってアスレチック系の山に挑みたいと考えている。


▲白砂の別天地 - 日向山 (2015.12.13) / ▲三度目も正直 - 富士山 (2008.08.10) /【 山行履歴
富士急行 / 富士急行バス / ふじっ湖号 (富士急山梨バス) / 石割の湯 / 山中湖温泉 紅富士の湯
八王子 田田 (Facebook)

 


【 登山データ 】石割山〜平尾山〜大窪山〜大平山〜飯盛山〜長池山 1,412m (山梨県 道志山塊)

コース:山中湖 平野バス停→石割山ハイキングコース入口→石割神社→石割山→平尾山→大窪山→
→大平山→飯盛山→長池山→大出山入口→紅富士の湯→ホテルマウント富士バス停
※ 今回はGPSロガーアプリが暴れまくっていたため、まともなログが取れず、不掲載


・山中湖 平野バス停〜石割山
バス停近くにセブンイレブンがある。以降は物資の補給が出来なくなるので、調達はここまでに済ませる。
神社の参道が始まる鳥居までは、緩やかな舗装路。
403段の石段はそれほど急ではないが、ほとんど直登。ペースを作って焦らず登りたい。
石段を登って富士見平以降は、神社まで砂利道を進む。軽トラが走れる道なので楽に歩ける。
神社から先がようやく登山道。短い区間で歩きづらくもないが、雨の後は泥濘化が激しそうなので注意。

・石割山〜大出山入口
石割山山頂直下はザラザラと滑り易いそこそこの急坂を一気に下る。
一応、細いロープが設置されているものの、それなりに気を遣う本コース唯一の要注意ポイントと言える。
平尾山以降はほとんどのアップダウンに木の階段が設置されていて、基本的に危険な個所は存在しないが、
ひたすら階段が続くので脚への負担は案外大きい。晴れていれば、正面に富士山の大展望。
大平山から山中湖方面へのエスケープルートがある以外、トイレや水場は存在しない。

全体的に道幅が広く平坦なのでポールとの相性は良いが、このコースにはやや過剰な装備だろう。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL