大洗・潮来 1泊ドライブ

2016年10月09日 (日) 23:50

5年前 に行って以来、すっかりファンになって通っていた 佐原の大祭
バタバタしていてしばらく行くことが出来なかったけど、
子供が1歳になったしそろそろ良いだろうということで、今回は車&泊りで行くことに。
個人的に「祭りは夜!」なんだけど、佐原は遠いので日帰りだと夜の部を堪能出来ない。
ずっと佐原で宿泊してみたいと思っていたので、数年越しで叶った待望のイベントである。


 

というわけで、夏前ぐらいから楽しみにしていたのだが、天気予報は土日直撃で雨の予報。
ここ1週間は予報も日毎にコロコロ変わり、当日の予報でさえ外れたりしていたのに、
この週末に限って的中してしまい、残念ながらザーザー降りからのスタートとなった。

8時半に家を出て、和光ICから東京外環、三郷JCTで常磐に乗り継ぎ、最後は圏央道で稲敷東へ。
本来はここから潮来のホテルに向かい、車を預けて電車で佐原に向かう予定だったんだけど、
この時点でも強い雨は変わらず(と言うか、我々と雨雲の進路が一致してしまっている)、
とりあえずこの日の祭りは諦めて、翌日に予定していた大洗に進路を変更する。
今からだと大洗着は15時になってしまうが、このまま潮来〜佐原に居てもすることが無い…

 


大洗に到着して、初めに アクアワールド茨城県大洗水族館 に向かった。
17時閉館なので、ひとまずここだけは余裕を持って回りたい。
この水族館はサメやマンボウの水槽が特徴とのことだが、1歳の息子はイワシの群れやクラゲ、
色鮮やかで動きがハッキリしているものに反応を示すので、そういった水槽を中心に鑑賞。




 


1時間ちょっとで水族館を出て、次に 那珂湊おさかな市場 へ。
こちらも市場自体は17時までとなっているが、水族館から歩けるぐらいの距離だし、
どうせ鮮魚を買って帰るわけにもいかないので、軽く流す程度の時間なら十分にある。
終わり際ながらも市場はなかなか充実していて、魚好きの我が家としては、
買って帰れないことが非常に歯痒かったけど、とりあえず雰囲気だけでも楽しめた。




夕飯をどうするかという話になり、潮来に戻っても当てがあるわけでもないし、
折角だからここで食べていくことにした。
市場としては17時までだが、場内には17時以降も営業している食事処が幾つかある。
出来れば回転寿司に入りたかったけど、さすがに1歳児連れでは厳しいので、
座敷のある普通の食事処で海鮮メニューを注文。
どちらかと言えば観光地価格で割高な感じだったけど、注文してから煮てくれる
カレイの煮付けが大きく、柔らかで美味しかったので満足。


 


最後に18時閉店の めんたいパーク に立ち寄り。
閉店間際なので売店を見るぐらいしか出来なかったけど、
普通の時間に行けば工場見学や試食など、なかなか楽しめそう。
水族館や市場とセットで回れる立地なので、大洗に行った際には是非。



 


そんな感じで駆け足ながらも大洗を満喫し、18時を過ぎたのでそろそろ潮来へ。
下道を1時間ちょっと走って 富士屋ホテル に到着。
結構古いホテルだけど、綺麗に保たれているのでなかなか快適。
最上階には利根川を見下ろせる展望風呂もあるし、子連れで気楽に利用出来て良かった。

 


翌日。
早朝の朝焼けは綺麗だったんだけど、残念ながら8時ぐらいから大雨。
ワイパーをローにするかハイにするか迷うぐらいのドシャ降りでは、とても祭りどころではない。
予報では15時ぐらいまで降り続くとのことで、この日の佐原も諦めざるを得なかった。
この辺で全天候型のレジャー施設に心当たりがあるわけでもないので、
大人しく レイクタウン に立ち寄って帰ることにした。

 


佐原の大祭に行くという主目的は果たせずに終わってしまったけど、
とりあえず大洗がどんな感じかは知ることが出来たし、
息子を初の泊まり旅行に連れて行くことも出来たので、まぁそれなりに楽しめたかな。

ちなみに常磐道の守谷サービスエリア「Pasar守谷」のフードコートが案外充実していて、
今後茨木方面へのドライブでは重宝しそうだったのが一番の収穫でした(笑)




関東三大祭り - 佐原の大祭 2013 (2013.10.19) / 関東三大祭り - 佐原の大祭 2012 (2012.07.18)
関東三大祭り - 佐原の大祭 2011 (2011.07.21)
佐原の大祭 / アクアワールド茨城県大洗水族館 / 那珂湊おさかな市場
かねふく めんたいパーク / 潮来 富士屋ホテル / Pasar守谷

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL