▲秋の体力測定 - シダンゴ山 (757.9m)

2016年10月30日 (日) 21:40

10月初旬から謎の全身筋肉痛に襲われ、診察の結果も「筋肉が壊れている数値が出ている」
としか分からず、とりあえず慣れないプロテイン等を飲みつつ3週間ほど様子見。
多分、一時的に免疫が落ちて何かしらウイルス性の炎症を起こしていたのだと思うが、
とりあえず症状は治まったので、どの程度体力・筋力が落ちているか確かめるべく、
1時間ちょっとで登れるような手頃な山ということで、シダンゴ山に登ることにした。


 


10時に小田急線の新松田駅でピックアップしてもらい、車で寄(やどろき)へ。
ここは 3年半前の鍋割山 で下山したバス停がある場所だ。
前々日が雨、昨晩から今朝に掛けても若干の降水があり、地面は幾分湿っているコンディション。
予報では午後から晴れるとのことだが、10時半の空を見る限り、天候はあまり期待出来そうにない。
ここ数日は11月下旬並みの気温が続き、この日の気温も10度近くまで下がっている。

 


駐車場から中津川を渡って民家の間を登っていくと、左右に分岐が現れる。
左は宮地山に立ち寄りつつ南から、右は東からシダンゴ山にアクセスすることが出来るが、
下りの舗装路歩きを少なくしたかったので、今回は右のルートを選択した。




そこそこ急な傾斜の舗装路を茶畑に囲まれながらガンガン登るが、
段々アスファルトに泥やコケが薄っすらと乗るようになり、結構滑るのでスリリング。
20分ほどでイノシシ除けのゲートが現れ、ここからが登山道がスタートとなる。
ちなみに振り返ると展望があるのはここまでで、登山道に入ると基本的に展望はゼロ。



 


登山道も多少の泥濘こそあるものの、先程の舗装路よりグリップが利くし、
勾配もそれなりなのでサクサク登ることが出来て快適。
ただ、基本的にスギばかり植林された道なので、この日のような曇天ではかなり薄暗く、
あまり気持ちの良い山歩きとは言えないところが少々残念だ。




ゲートから20分ほどで林道との合流地点があり、
ここがこの登山道で唯一の開放的なポイントになっている。
そこから再び陰鬱としたスギ林を少し進むと、「山と高原地図」の2015年版では
水場のマークが付いている場所がある。
確かに黒いホースが置かれているのだが、水は一切出ていない。
ホースの元は、1mちょっと先で細々と流れている途中の水溜まりのようだが、
これではまともな水場として機能しているとは言い難い。





標高を上げるに連れて霧が強くなり、予報が外れたことを恨みつつ山頂へ。
今回はかなりゆっくり登ったので、寄の駐車場から2時間掛かっているが、
普段のペースなら1時間ぐらいのお手軽なコースだろう。

▼ 別ウィンドウで全天球写真を表示します

 


山頂は一度切り払われたところにアセビの低木が植林されているようで、
木々に覆われているものの展望は良い。(他ブログ等による情報)
ただ、この日は何も見えず、下山直前に辛うじて周囲の山が僅かに見えたぐらいだった。





先客は2グループで計6人。
比較的広い山頂だが、テーブルが1つ、他には小さな碑と社が設置されているだけなので、
テーブルが埋まっている場合には、芝生に腰を下ろすしかない。
いつも通りのカップ麺とおにぎり、ホットコーヒーで暖を取ってみても、
10度を下回る気温なので、身体は徐々に冷えていく。
長く待っても劇的な天候の回復は見込めそうにないと判断して、
南側の登山道から宮地山を目指して下りることにした。

▼ 別ウィンドウでパノラマ写真を表示します

 


南側のルートは山頂直下に直進と左への分岐がある。
分岐の時点ではよく分からなかったのだが、これはどちらも同じ場所に繋がっていて、
直進が「男坂」、左が「女坂」ということらしい。(合流時の指導標で判明)
今回は「女坂」の方を進んでみたが、どうやら「男坂」の方が距離としては短そうだ。
看板に依れば、ここは「虫沢古道」なる道でもあるらしい。




山頂から10分で秦野峠・高松山への分岐。
今回はそのまま下山するが、地図では分岐の少し先に「鉄ハシゴ」と書かれた場所があるので、
ちょっと寄り道して確認していくことにする。
分岐から2分ぐらいでそのポイントに行けるのだが、
現れたのはハシゴと言うより、急な階段といった感じのもの。
ちなみにここは寄より少し奥から綺麗に舗装された林道が接続されているので、
ゲートが無ければここまで車で来て、15分ぐらいでシダンゴ山山頂に着けてしまう。




▲ 別ウィンドウで全天球写真を表示します


若干拍子抜けしつつ、引き返して下山を再開。
こちらのコースもスギの植林が大半だが、途中から椎等の広葉樹も交じって幾分表情豊か。




山頂から30分弱(鉄ハシゴへの寄り道を含む)で一旦砂利道〜舗装路が現れ、
左脇の鉄塔を潜って、再度登山道に入る。
舗装路をそのまま下りることも出来るようだが、去年の地図にこの先は載っていない。
綺麗なアスファルトなので、多分新道なのだろう。

 


舗装路の分岐から少し下って上り返し、タコチバ山の小ピークを通過。
看板どころか指導標すらない地味なピークで、地図にも記載が無かった。
木に貼られたテープに辛うじて書かれたマジックの文字すらも消え掛かっているが、
手前の上りは短いながらも多少の勾配があるので、一応ピークらしさは感じられる。





タコチバ山を越えて、広葉樹の樹林帯をガンガン下ると、10分弱で分岐が現れる。
そのまま進むと5分で宮地山、左に下りると寄のバス停に向かうことになる。
宮地山は512mの小さなピークだが、5分で着けるなら立ち寄っておきたい。
…と思って行ってみたら、鹿除けの柵に覆われ、展望も微妙な残念ピーク。
勿論、5分だから寄った方が良いとは思うけど、タコチバ山があの扱いなのに、
こちらがそれなりにしっかり扱われていることに若干モヤモヤしたものを感じた。

▼ 別ウィンドウで全天球写真を表示します

 


分岐まで戻り、あとはひたすら寄を目指して下る。
ここまでの下りは、雨後の割には滑らず歩き易かったのだが、分岐以降は泥濘が多く、
所々で足を取られながらズルズル下りる形になった。

分岐から15分弱でイノシシ除けのゲート(上りのものとは別)が現れ、
あとは茶畑と民家の間を縫って、上りの最初の分岐を左側から合流する形となる。
中津川を渡って駐車場まで戻れば、本コースは終了。






結局最後まで日差しは無かったけど、とりあえず体力・筋力に対する不安を
最低ラインとしては解消出来たし、当初の目的は一応達成出来たかなと。
年内に友人達と山納めに行く予定なので、それまでには万全に戻して臨みたい。


▲最後の寒さをうどんで堪能 - 鍋割山 (2013.03.26)

 




【 登山データ 】

シダンゴ山 757.9m (神奈川県 丹沢山地)


コース:寄バス停→(東側ルート)→シダンゴ山山頂→秦野峠・高松山分岐→タコチバ山→
→宮地山→寄バス停

・寄バス停〜シダンゴ山山頂 (東側ルート)
バス停付近に自動販売機が複数、トイレもあり。登り始めた舗装路の途中にもトイレがある。
コース途中の水場は今回機能しておらず、他のタイミングでどうなのかは不明。
イノシシ除けのゲートまでは舗装路が続くが、濡れていると滑り易いので注意が必要。
ゲート以降の登山道は展望の無いスギの樹林帯。少し濡れている程度であれば滑らない。

・シダンゴ山山頂〜タコチバ山〜宮地山〜寄バス停 (南側ルート)
山頂からバス停まで、トイレや水場は存在しない。
山頂直後に分岐があり、直進で短い男坂、左に曲がると女坂。
女坂の方が若干長いようだが、非常に短い区間のため、コースタイムとしては大差無い。

秦野峠・高松山に向かう鉄ハシゴは林道に接続しており、そのまま寄の少し北に繋がっている。
通常は使う必要の無い道だが、アクシデントでどうしても登山道を下りたくない場合には、
一応の選択肢として覚えておいてもよいかもしれない。

タコチバ山への上り返しは若干傾斜がキツいが、短いので体力の消耗はほとんど無い。
宮地山との分岐から寄へのゲートまでは、雨後だと滑り易く、道が細い箇所もあるので若干注意が必要。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL