キャンパーズコレクション 『アルミハードトップテーブル』(AHT-4257)

2017年04月10日 (月) 22:00

行楽シーズンの到来を前に、屋外に持ち出して気軽に使えるテーブルを物色。
最初は チェアワン と揃えて Helinoxテーブルワン ハードトップ を見ていたんだけど、
補助的なアイテムに16,000円はちょっと…ということで、もっとお手軽なものを探すことに。
この手のものは怪しげなパチモノっぽいものまで含めて類似品が色々あるので、
5,000円も出せばそこそこの代用品が見付かる。


というワケで、いかにもチャチそうなものを除外した中から、今回は キャンパーズコレクション
アルミハードトップテーブル」を選択した。Amazonで3,500円。

ホームセンター等でも取り扱いがあるようなので、探せばもう少し安く見付かるかもしれない。


 


スタッフバッグに収納した状態をチェアワンと比較。
長さが80cmあるので、トートバッグやタウンユースサイズのリュックには完全に収納出来ないものの、
重量は約800gでチェアワンの890gよりも軽い。(いずれもスタッフバッグ含まず)
…はずなのだが、家のキッチンスケールで量った限りでは1,050gあるようだ。

記載の1.25倍というのは誤差の範疇を大きく超えている気がするのだが、
まぁ、これを抱えての長距離移動は想定していないので、自分的にはギリギリ許せる範囲かな。

スタッフバッグは飾り気の無いものだが、適度に大きめなので収納し易く必要十分。



スタッフバッグから取り出した状態。
フレームは天板に包まれる形でまとめられているので、場合によってはスタッフバッグ無しでの持ち運びもOK。




フレームの組み立て。
折り畳まれたメインのフレームを開き、独立した2本のフレームを差し込む。





最後に天板を嵌め込めば完成。見た目は華奢ながら案外頑丈。
他の人のレビューを参考にすれば、とりあえず20kgはクリアしているようだ。
10kgの我が子が不敵な表情でよじ登っていたが、全然問題無かった。

天板にアルミが入っているお陰で、どこに物を置いても歪むことはなく、非常に安定している。

アルミ板とフレームを抜いて洗うことが可能で、汚れを気にせず使えるのも有り難い。

 

組み立て時のサイズは幅420×奥行570×高さ360mm。(製品サイトおよびamazonの商品ページ参照)
実際に組み立てた物を測ってみると幅420×奥行545×高さ410mmだったので、結構異なっている。
こちらは最初に書いた重量よりも影響が出て来る人も居る気がするので、
出来れば実寸に則した値に記載を直してほしいところだ。

記載ミスというより、マイナーチェンジした際に情報が更新されていないのではないだろうか。




チェアワンとの組み合わせも良い感じ。
食事用のメインテーブルとしては小さいけど、ちょっとしたピクニックに持って行くには手軽だし、
サブとしてもそれほど荷物にならないので使い勝手は上々だ。

この値段でこの品質なら、コストパフォーマンスはかなり良い部類だと思う。




Helinox『HELINOX CHAIR ONE』(2013.02.16)
キャンパーズコレクション (アルミハードトップテーブル) / Helinox (チェアワンテーブルワン ハードトップ)

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL