▲桜と酷暑の表尾根縦走 - 塔ノ岳 (1,491m)

2018年04月21日 (土) 19:08

仲間内での山初めが遅れに遅れて、4月後半にようやく実現。
守谷から来るメンバーのアクセスとそれなりの歯応えという観点から、馴染みの塔ノ岳に決定。
先一昨年夏の縦走 以来ということで、2年半振りの丹沢エリアということになる。
(正確には、間に シダンゴ山 を挟んでるけど)


 


秦野駅から8時半のバスに乗るが、スタート地点のヤビツ峠まで1時間弱の長い道程なので、
7時前にはバス停に並んで座っていこうと考えていたのだが・・・
バス停には既に長蛇の列が出来上がり、100人ぐらいは並んでいる感じだった。
前々から人気の山ではあったけど、まさかこんなことになっていたとは驚きだ。



バスも臨時便を出してピストン輸送しているようで、もう来たバスに乗るしかない状況。
巡りが良ければ座れたかもしれないが、残念ながら立ち乗りとなってしまった。
まぁそれでも予定していた、8時半ぐらいの便には乗ることが出来たので良しとしよう。

 


9時10分にヤビツ峠到着。
秦野駅ほどではないが、やはり人で溢れかえっている。
4月は週末に微妙な天気が続いていたけど、この日は快晴で夏日の予報が出ていた。
トイレを済ませて、まずは長い舗装路歩きをスタートする。




40分ほど歩いて、前回と同じ菩提峠からのコースで登山道に入る。
バス組はほとんどが少し手前の登山口から入るため、こちらは二ノ塔に出るまで空いていて快適。






途中の「日本武尊の足跡」は相変わらず微妙なスポットだが、その先から展望が得られるようになる。




▲ 別ウィンドウでパノラマ写真を表示します



10時45分、二ノ塔に到着。
ここからは表尾根になるので、案の定人が多い。

▼ 別ウィンドウで全天球写真を表示します



塔ノ岳周辺は丹沢でも木道の整備が見事なんだけど、年々整備状況が進んできていて、
今回は若干やり過ぎでは?と感じるほどに整備されていた。
まぁこれだけの人数で大挙するのだから当然と言えば当然の話で、
人気と自然の保全という半ば相反するテーマを考えさせられるところでもある。





所々に桜が花を付けていて、夏日の暑さとはミスマッチだが気分を軽くしてくれた。



11時には三ノ塔に到着。広い山頂なので、ここで15分の小休止。
昼近くになると雲に隠れてしまうことが多い富士山だが、この日はまだスッキリと白い山頂が見えている。
この様子だと、久々に塔ノ岳からも眺めることが出来るかもしれない。

▼ 別ウィンドウでパノラマ写真を表示します



毎度お馴染み、表尾根最大の下りポイントである烏尾山へ。
下りになる分、コース上の展望も表尾根随一の区間で、とにかく気分爽快。
11時40分には烏尾山に到着。山頂には綺麗なトイレが設置されていた。



▲ 別ウィンドウで全天球写真を表示します



烏尾山以降は比較的シンドイ上りが多くなるが、やはり行者ヶ岳直後のクサリ場だけは、
広い丹沢でも貴重なアスレチックポイントで楽しい。この日は渋滞もそれほど酷くはなかった。




若干暑さに参りながら、新大日・木之又大日を通過。
いつもは素通りする木之又小屋だが、今回は暑さに負けてコーラを購入。
何と言うか、もう麻薬的な旨さだった・・・

▼ 別ウィンドウで全天球写真を表示します


 


14時少し前に塔ノ岳山頂に到着。
前回は山頂だけ雲に覆われて悲惨だったけど、今回は雲ひとつない見事な快晴!
やはり物凄い盛況振りで、高尾山ではないけど観光地かと思う程の人の多さだ。
それでも山頂が広いお陰で、富士山を正面に腰を下ろせる場所はキープすることが出来た。



▲ 別ウィンドウでパノラマ写真を表示します



今回の昼食は、例年より早い夏メニューを導入。
前日までカップ麺にするか迷ったけど、個人的には氷を背負ってきて正解だった。


 


下りもいつも通りの大倉尾根 (バカ尾根・・・) で下山。
今回は上りがちょっとシンドかったので、下りも相応のキツさを覚悟していたんだけど、
何となくいつもより楽に下ることが出来てしまった。





そう言えば、大倉尾根には花立山荘・堀山の家などの小屋が多くある。
若干多過ぎるきらいはあるんだけど、それはそれとして以前よりも綺麗になっていたり、
設備などが増えて立派になった小屋が多い印象。





16時45分、コース終点の大倉バス停に到着。
やはりバス停には長蛇の列が出来ていたが、それでも朝の秦野駅に比べれば可愛いもの。
毎回のことながら、ここに入浴施設があればどんなに快適だろうと考えてしまう。
(場所が良過ぎて、芋洗い状態になってしまうかもしれないが)


 


メンバーの都合、今回は入浴も打ち上げも出来そうになかったので、
渋沢駅裏手のコンビニで缶ビールを買って乾杯。
待ちに待った山初めの最後としてはややあっさりだけど、今回は無事に決行出来ただけでも恩の字かな。
夏には久々の雲取山も予定しているので、それまでに鈍った身体に喝を入れておかねばなるまい。



▲秋の体力測定 - シダンゴ山 (2016.10.30)
▲酷暑の丹沢主脈・主稜縦走 - 塔ノ岳・丹沢山 (2015.07.19)
▲晴れ 時々 雷の春山行 - 塔ノ岳 (2015.04.25) / ▲紅葉目前、久々の塔ノ岳 (2013.11.08)
▲初の単独山小屋泊 - 丹沢山〜蛭ヶ岳 (2010.08.30) / ▲新緑の丹沢行 - 塔ノ岳 (2010.05.10)
▲滑り込み山小屋泊 - 蛭ヶ岳 (2008.11.04) / ▲快晴リベンジ - 塔ノ岳 (2008.10.23)
▲久々の単独行 - 塔ノ岳(2008.09.15) / ▲絵画の世界へ - 日光白根山 (2012.09.22)
▲紅葉&新エリア開拓 - 金峰山 (2013.11.18) /【 山行履歴

 


【 登山データ 】 塔ノ岳 1,491m (神奈川県 丹沢山系)

コース:秦野駅→ヤビツ峠→表尾根(二ノ塔→三ノ塔→烏尾山→行者ヶ岳→新大日→木ノ又大日)→塔ノ岳→
→金冷シ→天神尾根分岐→大倉尾根→大倉→渋沢駅

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL