2018GW 2日目 - 愛媛〜広島 (松山〜しまなみ海道〜尾道)

2018年05月02日 (水) 23:11

1日目 からの続き。
2日目は松山市駅前でレンタカーを借りて、しまなみ海道 から尾道を目指す。
生憎この日の降水確率は90%ながら、朝の出発時点ではまだ降り始めていなかった。
当初の予定では、まず南下して予讃線の下灘駅に向かうつもりだったのだが、
この天候ではわざわざ訪れる甲斐も無さそうなので、真っ直ぐしまなみ海道に向かうことにする。


 



明日の方がやや期待の持てそうな天気予報であることから、
今日と明日の予定をほぼ入れ替えて、まずは向島の 立花食堂 へ。
セレクトショップ が併設された食堂 (逆か?) で、晴れていれば食堂の席から海を望むことが出来る。
到着時点で結構な雨が降ってきていたので、残念ながら南国気分はあまり得られなかったけど、
食事は美味しかったし、久々のカフェ飯を堪能出来たので十分に満足。
セレクトショップも魅力的なアイテムを置いているし、この2店のためにでも向島に降りる価値はある。







雨が酷くて写真を撮る余裕が無かったのだが、その後は同じく向島の 立花テキスタイル研究所 へ。
細い川を渡った先の目立たない建物なので、車を降りて探さないと見付けづらいかも。
鉄鋼所から出る鉄の粉を使ってプリントした「鉄粉プリント」が特徴的で、
相方はバケツバッグ (ミニトート)、自分はペンケースを購入した。
男女どちらでも使えるシックな商品が多く、独特な風合いが気に入っている。

余談だが、この向島は例の脱獄犯が潜伏しているのではないかと話題の場所。(訪れる数日前に再逮捕)

 


尾道に到着して、まずは駅前の グリーンヒルホテル尾道 にチェックイン。
すぐ裏は尾道水道という素晴らしい立地で、部屋の窓から向島などが見渡せる。



部屋に荷物を置いて、まずは早速隣の注目スポットである ONOMICHI U2 に向かう。
県営の古い倉庫をリノベーションした複合商業施設で、雑貨店やカフェ、ベーカリー等が入っているが、
サイクリングの聖地であるしまなみ海道の玄関口らしく、サイクリストに嬉しい施設が特徴となっている。
中でもやはり、自転車を客室に持ち込める HOTEL CYCLE が一番の目玉。
我々も最初はここに泊ろうと考えていたんだけど、小さい子供連れであることを鑑みて、グリーンホテルに変更した。







尾道本通り商店街 を通り、ベッチャーの胃ぶくろ へ。
商店街は駅から離れるに連れて段々怪しい雰囲気が増していく、神戸の モトコー のような魅力に満ちている。
今回は尾道観光にあまり時間を割いていなかったけど、またいずれじっくり回ってみたくなった。
(さすがにモトコーほど怪しくはないけど・・・)







帰りに他の店でラーメンまで食べて、尾道観光も無事に終了。
覚悟していたほど酷い雨にも遭わずに済んだので、とりあえず上出来の部類だったんじゃないかと。



3日目 に続きます。



2018GW 1日目 - 愛媛 (三津浜〜松山〜道後温泉) (2018.05.01)
2018GW 3日目 - 広島〜愛媛 (尾道〜しまなみ海道〜松山) (2018.05.03)
しまなみ海道 (SHIMAP) / 立花食堂 / life:style / 立花テキスタイル研究所 / グリーンヒルホテル尾道
ONOMICHI U2 / 尾道本通り連合会 / ベッチャーの胃ぶくろ (Facebook)

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL