▲真夏の低山は湿度との闘い - 官ノ倉山・笠山・堂平山 (876m)

2018年08月12日 (日) 23:52

特に「山の日」に因むわけではないんだけど、8月第1週に予定していた山行が台風で流れたため、個人的に谷川岳に登ることを計画。直前で1人増えて2人で12日に登ろうとしていたら、またしても天候が微妙な情勢に・・・
谷川岳は天候によるコンディションの変化が激しく、あまり無理をしてアタックするのは避けたいところ。
とはいえ、これ以上スケジュールを後ろ倒しにも出来ないので、諦めて近場の低山で手を打つことにする。
真夏で暑さと湿度が凄い上に天候の不安もあるので、何度か登っている 秩父の低山 をリストアップ。
里山なのですぐに下山出来るし、エスケープルートからのバスも便数が多く、天候悪化に対応し易い。


 


8時少し前に、東武竹沢駅で集合。
いつもは線路沿いに少し南下して、東側から石尊山に登っているのだが、今回は北側から官ノ倉山にアクセスするコースを選択した。従来のコースの方が見るべきポイントが多いものの、全体的には大差無い印象だ。





 
30分弱の舗装路歩きを経て、宮ノ入から登山道がスタート。間も無く「天王沼」という灌漑用?の溜池が現れる。
コースは終始鬱蒼としているが、「外秩父七峰縦走ハイキングコース」になっているため、足元は綺麗に均されていて非常に歩き易い。





 
登山道に入ってから30分で、官ノ倉山の山頂に到着。
石尊山は山頂手前にプチ岩&鎖場があったけど、こちらはそういうイベント感が薄い。
冬と春だった過去の2回より葉が生い茂っているが、それでも展望は良好。
雲に覆われていても近くの展望が確保出来るのは、里山低山のメリットと言える。




▲ 別ウィンドウで全天球写真を表示します


 
官ノ倉山を通過して、すぐ隣の石尊山に向かう。
ちょっとしたアップダウンはあるが、山頂〜山頂で10分も掛からない。
やはりこちらの方が展望は良く、小さいながらも社などがあるので達成感を得られる。
しかし、石尊山は「山と高原地図」にも、国土地理院の地図にも名前すら無い。
官ノ倉山に標高で50cm負けているとは言え、不遇の一言に尽きる…


 


官ノ倉山方面に戻り、途中の分岐から南に下って、一旦里に下りる。
次の笠山へは1時間の舗装路歩きになってしまうが、変化の乏しい林道ではなく、山里の景色を楽しみながら歩くことが出来るため、個人的にはあまりネガティブな印象は無い。
恒例の 小松屋本店 で生クリーム大福を買い、デイリーヤマザキで小休止。生クリーム大福は夏場だと購入から30分後が食べ頃で、舗装路歩きの間の栄養補給に打ってつけだ。





 
兎飼戸橋を右に折れて、笠山参道(長坂)の登山道に入る。
登山道と言っても、広く均された砂利道なので、非常に歩き易い。
最初に登った際は登山口を間違えてしばらく彷徨い、ヤブ漕ぎ一歩手前だったことを思うと、天と地ほどの差がある登り始めである。
また、シカ等が描かれた手書きの看板も設置されていたりして、地味な道程をカバーしてくれている。




 
笠山神社下社の脇から、笠山への登山道が再スタート。
登山道は進むにつれて勾配が上がっていき、登山口から山頂までそこそこの距離もあるため、最終的にそれなりに登り応えを感じられるコースになっている。
特に険しい箇所等は無いのだが、この日の最大の敵はやはり湿度。
このところの猛暑に比べれば大分涼しい日だったものの、雨後の登山道は湿度がキツく、1分毎に汗を拭いながら登るような状態になっていた。
とにかく頻繁に水分補給をして、時折塩分タブレット等を補給しながら登るのだが、それでも消費し続けるペースに追い付かない。
同行した友人がこの区間でガス欠となり、ペースダウンしてのんびり山頂を目指すことにする。

また、このコースだけはアブが多く、メスではなかったのか吸血こそされなかったが、とにかく付き纏ってくるので落ち着かない。




 
下社から1時間ちょっとで、笠山の山頂に到着。
山頂からの展望は少ないものの、上社はそれなりに立派で、簡易トイレも設置されている。
ちなみに上社がある地点に「笠山 842m」と記された石柱が置かれているのだが、そこから少し西に進んだ地点にも「笠山 837m」という看板がある。
前者が東峰、後者が西峰ということらしく、地図や各種サイトでは西峰の方だけが記載されているようだ。



▲ 別ウィンドウで全天球写真を表示します


 
12時になっていたので、前回同様ここで昼食にする。

 


山頂から南に下り、笠山峠の林道を跨いで堂平山に向かう。
同じ外秩父の山でも、官ノ倉山・笠山・堂平山で登山道の雰囲気はかなり異なるが、いずれもハイキングコースに選定された道のため、整備が行き届いて歩き易いのは共通している。




 
笠山山頂から30分ほどで刈り払われた草原が現れ、堂平山の山頂は目前。
山頂には天文台の観測所が閉鎖されたまま残っていて、今現在は 体験施設 として再利用されている。
キャンプ場なども併設され、車で訪れることが出来るため山行としての達成感はやや薄れるが、トイレや水道、自動販売機等が利用出来るのは有り難い。
残念ながらこの日は雲に覆われていたが、晴れていれば展望も十分に楽しめる。

▼ 別ウィンドウで全天球写真を表示します



 


最後は前回同様白石車庫バス停に向かう。
下山前提の今回は白石峠から下りるか、更に定峰峠まで足を延ばしてから下りるかの二択。
白石峠からならコースタイムで1時間半、定峰峠経由だと2時間となっていて、1時間ちょっとのタイミングでバスがあり、その次だと更に1時間後。
いずれにしても舗装路歩きの区間がそれなりに長く、我々の足なら白石峠から直接下るコースなら十分間に合いそうだったので、直接下ることにした。



 
白石峠までを全て舗装路歩きにして時間を稼いだので、残りの登山道は余裕を持って下る。
登山道は沢に沿う形となっているが、前日までの雨で増水しているのか、登山道にまで水が流れている区間が幾つかあった。
苔むしている箇所は若干スリッピーなので、注意しながら慎重に下る。




 
15時丁度に白石車庫バス停に到着し、15時10分のバスで小川町駅まで戻る。
予報では夕方から降水となっていたものの、どうやら雨の心配はせずに済みそうだ。
この日は舗装路も含めてトータル20kmぐらい歩いたけど、出会った登山客はたったの2人だけ。
好アクセスで整備された低山とはいえ、真夏の曇天ともなると人は少ないらしい。


 


小川町駅から歩いて 花和楽の湯 に向かい、温泉で汗を流してリフレッシュ。
花和楽の湯までの途中で線路脇を歩くんだけど、この道の雰囲気が個人的に気に入っている。
温泉の後はコンビニで缶ビールを買って、飲みながら駅前の居酒屋へ。



 
餃子屋なのかラーメン屋なのか、居酒屋なのか判断が難しい 一栄 で夕食。
(一応、店名は「餃子屋一栄」となっている)



 
店を出る頃には陽も落ち掛けて暗くなり始めていた。
友人とは帰宅方向が異なるため、小川町駅のホームで解散。
終始曇りがちで湿度が高く、あまり山行日和とは言えないタイミングだったけど、何とか雨を避けつつ、来月に予定している雲取山への足慣らしには十分な山行になった。



▲陽だまりの山初め - 官ノ倉山・笠山・堂平山 (2011.01.09)
▲石尊山(344m)&武蔵嵐山さくらまつり (2014.04.14)
小松屋本店 / 堂平天文台 | 星と緑の創造センター / おがわ温泉 花和楽の湯 / 餃子屋一栄

 


【 登山データ 】 官ノ倉山・石尊山 344m 〜 笠山 837m(842m) 〜 堂平山 876m (埼玉県 外秩父山地系)

コース:東武竹沢駅→宮ノ入→官ノ倉山・石尊山→笠山→笠山峠→堂平山→白石峠→白石車庫バス停

・東武竹沢駅〜宮ノ入〜官ノ倉山・石尊山
東武竹沢駅周辺にはコンビニが無く、自動販売機とトイレは利用可能。(トイレは改札内)
宮ノ入から登山道に入る少し前に、綺麗なトイレが設置されている。
登山道は広くないが、かなり整備されていて歩き易い。

・官ノ倉山・石尊山〜笠山
一旦山里に下りて1時間の舗装路歩きとなり、和菓子屋とデイリーヤマザキを利用可能。
笠山参道(長坂)の短い登山道を経て、15分ほど舗装路を歩いてから再び登山道が再開。
下社以降の登山道は広くて勾配も緩めだが、山頂に近付くにつれて勾配がキツくなる。
トイレは切通し交差点と下社の手前、山頂にも仮設トイレが設置されている。

・笠山〜堂平山
尾根道交じりの歩き易い登山道で、アップダウンも緩やかなので楽に歩くことが出来る。
山頂近くのキャンプ場はトイレと水道が利用可能で、自動販売機も設置されている。

・堂平山〜白石峠〜白石車庫バス停
舗装路に並行する形で、所々に登山道が付けられている。
登山道には剣ヶ峰等の小ピークもあるが、特に展望が得られるわけではないので、体力や時間と相談してどちらを歩くか決めても問題無い。
白石峠からは沢沿いの登山道となり、タイミングによっては一部のコース上に水が流れている場合もある。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL