雨に濡れる沖縄 (本島) - 1日目

2019年07月04日 (木) 23:50

6年前 に石垣島で挙式を行った縁もあり、結婚記念日は沖縄に行くことにした。
石垣島とその周辺の島々は2回巡っているが、本島には行ったことが無かったので、今回は本島へ。


 


明け方に家を出て、LCCで成田から那覇空港へ。
1週間ぐらい前の時点では快晴が期待出来たのに、数日前から完全な雨模様の予報に変わってしまっていた。
過去2回の石垣島では、10日間で計1時間ぐらいしか降水が無かった引きの良さだったのだが、今回は全日程で雨続きという有様。
そうは言っても、来た以上は出来る範囲で最大限楽しむ方法を探していくしかない。空港から送迎バスでレンタカーショップに向かい、車を借りて早速行動開始。

 


昼なので、まずは那覇市内の オハコルテベーカリー へ。
フルーツタルト専門店の オハコルテ が展開しているベーカリー、所謂"お洒落カフェ"である。昔は散々カフェ巡りしていたけど、こういう雰囲気は久々だなぁ。



 
ショーケースからパンを取り出し、席についてサラダ等を注文。パンはそれなりに高いものもあるけど、どれも目が覚めるぐらい美味しい。
ボリュームを計り損ねて結構な量のサラダを注文してしまったが、身体は野菜を欲していたらしく、ペロリと食べられてしまった。味付けが絶妙で、食べ続けてもクドく感じなかったのも良かった。
いきなり沖縄っぽさが薄い店に行ってしまったけど、前々から気になっていたので期待通りの店で満足。ちなみに2階には本家タルトのオハコルテもあります。



 


市内を抜けて高速に乗り、一気に北上して恩納村の 万座毛
天気が良ければ断崖の下にコバルトブルーの海が見えるはずなんだけど、生憎の空模様で青さは今ひとつ。それでも雨は上がっていてくれたので、絶景の雰囲気だけは感じ取ることが出来た。

なみに万座毛は観光地として絶賛整備中のようで、来年には大きな施設が完成するらしい。



▼ 別ウィンドウでパノラマ写真を表示します

 


1・2日目の宿泊は、美ら海水族館 まで歩いて行ける立地とオーシャンビューが売りの ホテルゆがふいんBISE
結構古い建物で、社宅を買い上げたのかと思うような印象だが、部屋は広いし、子連れで気軽に利用するにはなかなか便利。家族3人、1泊朝食付きで12,000円はお値打ち。
このホテルには大浴場が無いんだけど、近くにある同グループの ホテルマハイナ の大浴場を利用出来るのも高評価。



 


食事と入浴のため、ホテルマハイナに移動する。
この日の夕食はホテル内の ビュッフェレストラン マーセン 。そう言えば、ビュッフェを利用するのっていつ以来だろう・・・
品数はそこまで多くないけど、どれもなかなか美味しくて食べ過ぎてしまった。




 
帰りにそのまま大浴場を利用して、あとはベッドにダイブで1日目が終了。
明日は朝からシュノーケリングの予定だったんだけど、ショップから予定していたプランが悪天候で中止との連絡が入る。ただ、青の洞窟プランならその天候でも大丈夫との提案を貰えたので、そちらに変更してもらうことにした。


 
2日目 に続きます。


 
雨に濡れる沖縄 - 2日目 (2019.07.05) / 雨に濡れる沖縄 - 3日目 (2019.07.06)
雨に濡れる沖縄 - 4日目 (2019.07.07) / 南ぬ島紀行 #1 - 石垣島 (2013.07.23)
南ぬ島紀行 #2 - 石垣島 (2013.07.31) / 南ぬ島紀行 #3 - 石垣島〜竹富島 (2013.08.09)
オハコルテ / オハコルテベーカリー / 万座毛 (恩納村) / ホテルゆがふいんBISE / ホテルマハイナ
ビュッフェレストラン マーセン

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL