雨に濡れる沖縄 (本島) - 2日目

2019年07月05日 (金) 23:14

1日目 からの続き。2日目も微妙な天候のスタート。
とりあえずホテルのレストランで朝食を流し込み、シュノーケリングスポットの 真栄田岬 に向かう。ダイビング・シュノーケリングスポットとして人気の場所らしく、10時の時点で駐車場は満車目前。


 


ショップのお姉さんと合流して、ウェットスーツに着替える。
我が子がウェットスーツを嫌がらないか心配だったけど、ニコニコしながら着てくれたので一安心。シンカリオンのスーツっぽいのがお気に入りポイントだったのかも。


 
小雨がパラつく中、岩場の階段を下って海へ。
我が子はここ1ヶ月のプール通いの甲斐もあって、何の抵抗も無くすんなり海に入ることが出来た。まだシュノーケルを装着するのは難しいため、覗き窓付きの浮きボートにしがみ付くスタイルなんだけど、とにかく魚が見えることに大喜び。




 
海岸近くをしばらく漂った後、いよいよ本プランのメインである 青の洞窟 に移動。
ただでさえ人気スポットな上、この日は我々のように他の場所からスライドしてきた人が多かったのか、洞窟内は大渋滞。それでも、ピークタイム前の午前中なのは幸いだった。これで午後になったらどうなっていたのやら・・・
曇天で日差しが弱く、完璧な青さを堪能というわけにはいかなかったものの、それでも日常で目にすることの無いような紺碧の世界を感じることが出来て感無量。
怖がりな我が子でもワクワクしながら楽しめて、終わった後は「穴だった! お魚居た!」とはしゃいでいた。今回の沖縄は我が子にシュノーケリングを体験させることが一番の目的だったこともあり、ギリギリ達成することが出来たので大満足。



 


泳いでお腹も空いたので、名護まで移動して 幸っちゃんそば で昼食。個人的に待ちに待った沖縄そばの人気店だ。
席数はそれほど多くないんだけど、広い座敷の離れが利用出来るので、子連れでも安心。



 
ここの特徴の1つは、もずくを練り込んだ「もずく麺」を選択出来るところ。食べてみると、全然クセが無く、とにかくモチモチとした食感が印象的。派手ではないけど、この麺はかなり好み。
肉は骨付ソーキ、軟骨ソーキのスージィカー、三枚肉の3種類が盛られていて、肉好きにも嬉しいボリューム。ああ、こんな店が近くに欲しい。

 


ホテルに戻って一休みしてから、歩いても行ける近さの 美ら海水族館 へ。
歩いて行けるけど、雨風が強くなってきていたので、大人しく車で向かうことにする。
美ら海水族館は体験系やイルカショー等が16時までに終わってしまうのだが、それ以降での入館を前提とした「4時からチケット」がお得で有名。16時までの入場だと大人1,850円に対して、「4時からチケット」だと1,290円となる。見所の多い施設なので、わざわざ16時を待つほどのバリューではない気もするけど、中途半端な時間から行くのであれば、16時になってから入館した方が良いかもしれない。



 
普段どうなのかは分からないが、生憎の雨で行き場を失った人も多いのか、16時を過ぎても水族館は盛況。
やはり大水槽で観る色彩豊かな魚達は魅力的で、我が子もニコニコ。当然と言えば当然だが、ジンベイザメの圧倒的なスケールは何物にも代え難い存在感だった。



 
ちなみに前日ホテルの土産物コーナーで ジンベイザメがロボットに変身するというトンデモ玩具 を購入していたため、「ロボットになるんだよ!」と誤った情報を吹聴して回っていたのは内緒だ。
話は逸れるがこのトンデモ玩具、無理矢理な設定とチープな変形機構がカルトな知名度を誇っているらしく、他にも色々とヤバげなシリーズを世に送り出しているようだ。一応書いておくと、ヤバいのはロボットに変形した場合で、変形前の状態はそれなりにしっかりとした造形です。その為か、ちゃんと美ら海水族館でも販売されてました!(詳しくは上記のリンク先を参照)

 


2日目の夕食は、やはりホテルから徒歩圏内の 備瀬のフクギ並木 にある、お食事処ちゃんや〜
完全予約のコース制で、それに単品を追加可能というシステム。今回は「やんばる島豚あぐー陶板焼きセット」と「お子様ハンバーグセット」を注文した。
雨だったので車で向かわねばならず、アルコールを頼めなかったのが口惜しいところだが、料理はどれも非常に美味しくて感激。我が子はシュノーケリングの疲れもあって、途中まで寝てしまっていたんだけど、起きた途端にハンバーグをペロリと平らげてしまった。
そう言えばランチの幸っちゃんそばでも感じたことだけど、このお店も子供 (および子連れの客) への気遣いが素晴らしかったです。



 


ホテルに戻ってから、この日も ホテルマハイナ の大浴場へ。雨風どころか雷まで鳴り響く状況だったけど、今回は本当に車があって良かった。
3日目も朝からシュノーケリングを予約しているものの、この天候ではちょっと望み薄かな・・・
ショップからは、当日朝の時点で中止か判断しますとメッセージが来ていたので、2割ぐらいの期待値で寝ることにする。


 
3日目 に続きます。



雨に濡れる沖縄 - 1日目 (2019.07.04) / 雨に濡れる沖縄 - 3日目 (2019.07.06)
雨に濡れる沖縄 - 4日目 (2019.07.07)
真栄田岬 / 青の洞窟 / 幸っちゃんそば / 美ら海水族館 / 備瀬のフクギ並木 / お食事処ちゃんや〜

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL