葛西臨海公園でプチ同窓会

2019年07月27日 (土) 22:53

専門学校時代の友人達と、葛西臨海公園 でプチ同窓会。
当日に来られなくなったメンバーも居たため、結果的には全家族子連れの遊びイベントの様相となった。


 


やっと梅雨が明けたと思ったら、不意に関東直撃の奇妙な台風が発生し、昨晩から明け方までは雨が降っていた。当日の天気予報も、かなりあぶなかっしい状況。場所柄、京葉線で来るメンバーが心配だったが、何とか開催は出来るだろうということで、11時過ぎに集合する形で現地に向かう。
我が家からは首都高湾岸線を使えば1時間掛からずに着けるし、この不穏な天気では渋滞も発生せず、すんなり公園に到着することが出来た。

 


集合時間より少し早めに到着し、我が子がとにかく目立つ 観覧車 を見付けて「乗りたい!」と騒ぎ出したので、とりあえず観覧車に乗せることに。
ダイヤと花の大観覧車は”日本最大級"を謳う、高さ117m。"最大級"という売り文句が若干怪しい気もするが、1位の120mと3m差の2位なので、これは十分に"最大級"と呼んで差し支えないだろう。1周するのに17分を要するとのこと。



 
台風が近付いている割には風が穏やかな状態だったが、ゴンドラが上がっていくに連れて、やはり強風で揺れるようになってくる。やはり浜辺の海風を甘く見てはいけない。自分は高所恐怖症ながら観覧車に関してはそれほど怖く感じない方なのだが、さすがにこの揺れはちょっと肝が冷える。我が子は状況を理解出来ていないせいか、特に怖がることも無く楽しめていたようなので、とりあえず乗せることが出来て良かった。



 
ちなみに西側には東京オリンピックで使用される カヌー・スラロームセンター が見えていて、これがまた凄く面白そう。大会後はラフティングが楽しめるレジャー施設になるそうなので、是非遊んでみたい。

 


11時を過ぎたので、集合場所の 水族園 近くに移動。
観覧車に乗っている間に雨がパラつき始めていたのだが、水族園に向かう途中で嵐のような状態に変わり、慌てて途中の施設に避難。しばらく待ってみたものの、なかなか止みそうにないので、持ってきたレインウェアを着込んで集合場所へ。


 
水族園手前のギフトショップ横にあるベンチエリアで集合。各家庭が子連れでこんな天気なので、全員集合したのは12時だった。微妙にお腹が空いてきていたのだが、予定している PARKLIFE CAFE&RESTAURANT (以下、PARKLIFE CAFE) は混雑しているタイミングなので、とりあえず水族園を先に回る。




 
水族園だけは丁度10年前に一度来たことがあったんだけど、特徴的な外観以外はすっかり忘れてしまっていた。表から見えているドームは建物の上部で、実際には下に広い構造なので、すべて回るにはそこそこ時間が掛かる。
イルカショー等のイベントは無いが、ピカピカのマグロが泳ぎ回る光景は印象的だ。


 


水族園を出て、去年出来たばかりのPARKLIFE CAFEで遅めの昼食。
後から来たメンバーが席を押さえていてくれたので、十数人が何とか座ることが出来た。
ハワイアン特化のメニューで、ロコモコやパンケーキが食べられる。この手の施設は高い割に味もボリュームも微妙なことが多いけど、ここはどちらもしっかりしていて、割高感が無く好印象だった。
テラス席なのでちょっと暑かったが、適度に風があるのでダラダラと歓談。



 
最後に子供達を観覧車に載せる。
我が子は午前中に乗っていたのでもう一度乗りたいとは言わず、下にあった マーメイドパラダイス なるユルい遊具に乗る。短い1周で300円はちょっと高いけど、1人だけ何も乗らずに待つのも可愛そうなので・・・




 
16時に観覧車前で解散。
卒業以来、約20年振りに会った友人も居たりして、みんな良い感じにオッサンになったなぁとしみじみ。毎年かどうか分からないけど、定期的にこの手のイベントはやっていきたいですな。

 


帰り道なので、お台場の ダイバーシティ に立ち寄り、春以来ガンダムベースユニコーンガンダム立像 を鑑賞。夜だったので、ライトアップされた演出を見ることが出来た。
前回以降、我が子は写真を見る度に楽しそうに話していて、この日も朝にお台場を通過した際は「ガンダムのところ!?」と騒いでいたので、見せることが出来て本当に良かった。



 
YOU - 実物大ユニコーンガンダム (2019.03.11)
葛西臨海公園 / ダイヤと花の大観覧車 / カヌー・スラロームセンター / 葛西臨海水族園
PARKLIFE CAFE&RESTAURANT / マーメイドパラダイス
お台場 ダイバーシティ東京 / THE GUNDAM BASE TOKYO / 実物大ユニコーンガンダム立像公式サイト

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL