新型コロナウイルス感染防止対策 布マスク

2020年05月15日 (金) 22:04

4月1日に政府発表があり、同月17日に世田谷区で配達開始となっていた布マスク。三鷹は隣接しているので、そう待たずに届くかと思っていたが、結局届いたのは1ヶ月近く経った今日 (5月15日) だった。全国の配布状況 を見ると、これでも全然早く届いた方らしく、まだまだ「準備中」のステータスが並んでいる。


 


郵便受けに届いていた布マスク。
ビニール包装の中に、更に個別包装された布マスク2枚と、二つ折りになった説明書的なものが入っている。


 
マスクはシンプルながらしっかりとした作りで、特に製造不良と思しき箇所は見当たらなかった。一時期騒がれていたサイズに関しても、特に小さい印象は受けない。昨今一般的になっている立体裁断ではないので、鼻と口元をすっぽり包み込む安心感は無いものの、布マスクの効用が飛散防止であることを踏まえると、この形でも一定の効果は見込めるのだろう。
その辺りは厚生労働省の Q&Aページ にも説明があるので、気になる人は読んでおくと良いかも。




 
説明書には既に耳タコ状態だが"3密"を避けるようにという注意喚起、布マスクの利用方法、そして感染対策の基本情報が記されている。
どこぞの元知事が「洗濯したら縮んだ」等とツイートをして話題になっていたが、手洗いを前提としているので注意。



 
そんなワケで、届いたマスクの品質に関して、特に不満は無かった。ただ、既に新規感染者数がピークアウトしはじめ、普通のマスクが店頭に並び始めている段階でも配布率5%というのは、ちょっと遅きに失している気がするのも事実。マスクが必要と考える人は早い段階で布マスクを自作しているし、今に至ってもマスクをしていない人は、このマスクが届いたところで活用されるケースは少ないだろう。
コロナはまだまだ終息したとは言えず、今後第2波・第3波が訪れる可能性も低くない。それを望むわけではないが、このマスクもその時への備えとしてストックしておこうと思う。


 
厚生労働省 ( マスクの都道府県別全戸配布状況布マスクの全戸配布に関するQ&A )

コメント
コメントする