▲今年最後(?)の登山 - 川苔山 (1,363m)

2008年12月01日 (月) 12:30

今年最後の登山ということで、奥多摩の川苔山に登ってきた。
今年は丹沢(神奈川)方面に行くことが多かったので、何気に久々の奥多摩である。
天気にも恵まれ、格好の登山日和・紅葉日和となった。


 

今回は川苔山という字面の通り、沢(川)に沿って登るコース。
奥多摩はバイカーが多くて、山によっては常に騒音を聞かされることになるのだが、
この山は比較的静かで、沢のせせらぎを聞きながら登ることが出来る。
ただ、コース自体は道幅が狭い上に手摺が1つも無く、気が抜けない。

真ん中の写真は「百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)」。
落差も水量もなかなかあり、夏にでもまた来たいスポット。
ここまでの道程は起伏に富んでいて、目にも登るにも楽しいコースだったのだが、
以降のコースは急に傾斜がキツくなり、沢からも離れてひたすら登ることになる。
しかも目指す山頂がどれなのか分かりづらく、目標が定まらないので精神的にもジワジワ来る。



山頂は一部が樹木で遮られているものの、奥多摩山系の山々が見渡せて素晴らしい眺望。
登っている最中は暑いぐらいだったけれど、動くのを止めると途端に寒い。
さすがに夏山とは勝手が違う。身体が冷えない内に防寒具を着込み、お湯を沸かす。
今回もいつも通りカップ麺とコーヒーで昼食。寒い中では一段と旨い。



帰りのルートは予想より楽で、3時間のコースタイムに対して2時間で下山。
その脚で調べておいた近場の温泉に向かう。
時間帯の関係からか、幸いなことに我々以外に先客が居らず、ほぼ貸切状態。
鳩ノ巣渓谷の只中という絶好のロケーションの中で温泉に浸かり、
風呂上りにビールと鱒の塩焼きで乾杯。素朴な味で美味しかった。

これで今年最後の登山も無事に終了。
今年も概ね天候に恵まれ、月1以上の頻度で充実した山行を楽しむことが出来た。
仲間内の装備も徐々に揃いつつあるし、来年も範囲を拡げていきたいと思う。


【 登山データ 】 川苔山 1,363m(東京都・奥多摩山系)
コース:奥多摩駅→川乗橋バス停→百尋ノ滝→川苔山→鳩ノ巣駅
コース長:7.2km

往路は中盤まで沢伝いの楽しいコース。足場は狭いので注意。
中盤以降は傾斜のキツいコースが2時間近く続くが、丸太の階段は少ない。
山頂以外の眺望はあまり良くないが、コース自体の変化が割と大きいので、
景色に飽きるということは無いと思われる。山頂の眺望はなかなか良い。
全体を通じて山小屋は無いので、水はある程度多めに持って行く方が無難。
同様にトイレも無いので、女性は注意が必要。
帰りは駅に直接下りられるので、時間の制約が少なくて気楽。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL