▲奥多摩3連発 - 本仁田山(1,224m)

2009年07月28日 (火) 00:08



先月の鷹ノ巣先週の棒ノ折に続き、奥多摩の本仁田山に登ってきた。
奥多摩駅からダイレクトに登ることが出来る便利な山で、
更に北上すると、去年の秋に登った川苔山をハシゴすることも可能。
 


前日夜半まで小雨が降っていたこともあり、直前まで天候が危ぶまれたが、
朝には雲間から太陽が覗く好天となった。すっかり夏の空模様だ。

駅から40分程の車道歩きを経て、安寺沢の登山口に到着。
ここまでは北氷川橋や夫婦橋から川を見下ろしたり、
奥多摩工業の工場(魍魎の匣?)を眺めたり、割と飽きずにダラダラ歩ける。
季節柄、ヒマワリが沢山咲いていた。



登山口からは一気に勾配がキツくなり、岩と根の狭い道をひたすら登る。
奥多摩駅の標高が434mなので、山頂までの標高差は約800m。
これを1時間半ほどで一気に登ることになる。
この急坂は結構大変で、休憩ポイントが少ないこともあって、
山馴れしていないとなかなかシンドイかもしれない。

木々に遮られた道は展望もイマイチで、山頂までほとんど変化が無い。
途中で小雨が降り始めたが、木々の枝葉に遮られてほとんど濡れずに済んだ。

本仁田山の山頂は狭く、他の山への中継点のような印象。
山頂に着く頃には雨も上がり、夏のモクモクとした雲と、
周りの山々を見渡せる。丁度1年前に登った高水三山も見えた。

丁度昼時だったので、山頂で昼食にする。
今回はクッカーを持って来ない代わりに、冷たい蕎麦を持参。
水を凍らせたボトルと一緒に防水パックに入れておいたので、
見事に冷たいままで堪能することが出来た。



ここからは川苔山に向かうか、そのまま下山するかの二択となるが、
メンバーがバテていたため、今回は大人しく下山することにした。
川苔山に続く尾根を進み、途中の分岐で鳩ノ巣駅方面への下山路にスイッチ。
この尾根は周辺の山々を見渡しながら歩ける好展望の道で、
山頂までの鬱蒼とした雰囲気とは対照的。

ちなみに上(左)の写真の植物が何か、ハッキリ分からない。
花の特徴はゴマノハグサ科のシコクママコナにかなり近いのだが、
葉の形状が図鑑で見るものと微妙に異なっているように思える。
ママコナの種であることは間違い無いだろう。




鳩ノ巣駅方面に下山すると、最後は熊野神社の裏手に出る。
神社では丁度盆踊り大会の日だったらしく、男衆が櫓や屋台の準備をしていた。
祭りで売る用の缶ビールをフライングで分けてもらい、境内で乾杯。
今日の祭りは夕方からなので、残念ながら参加出来なかったが、
来月にも『棚沢獅子舞』という祭りがあるそうなので、出来れば行ってみようと思う。



そのまま線路を越えて、鳩ノ巣渓谷に向かう。
渓谷沿いの旅館『一心亭』でお湯を借りて、疲れと汗を流す。
周辺にも幾つか立ち寄り出来る湯があるが、ザッと調べた限り、
15時以降も入れるところは、鳩ノ巣駅周辺では一心亭ぐらい。

ちなみにここはいつも空いていて嬉しいのだが、
鶴巻温泉でお気に入りだった立ち寄り湯が1月に閉店されていたこともあり、
同じようなことになってしまうのではないかとちょっと不安…



その後はしばらく渓谷を歩いたり、川に足を浸したりして、
最後に喫茶店でアイスコーヒーを飲んで解散。
今回は山そのものは短めでアッサリしていたものの、
祭りの準備に立ち会えたり、渓谷沿いを散策出来たり、
トータルでなかなか充実した山行だった。

買い替えたトレッキングシューズの慣らし履きも、今回で完了。
フィット感も申し分無く、これならロングコースでも問題無さそうだ。


【 登山データ 】



川苔山 1,224m(東京都・奥多摩山系)
コース:奥多摩駅→安寺沢登山口→本仁田山→コブタカ山→大根ノ山ノ神→鳩ノ巣駅
コース長:7kmぐらい

登山道に入ってからは、ひたすら単調な急坂を登る。
山頂は狭く、展望も限られているが、東側のみ見晴らし良好。
本仁田山から川苔山へのルートは、周囲の山を見渡しながらのなだらかな尾根道。
トイレや水場などは一切無く、ベンチもほとんど無い。
駅スタートで駅に下りられるので、時間の制約はほとんど無い。
コメント
今回の山登りはまだまだ余裕がある段階での下山が少し寂しかったけど、下山してからがなかなかのんびりしていて充実していたね。
実際、私も足に一物の不安があったし。

下山してすぐのビールは旨かったっ!
あの瞬間はいつでも最高。
カフェのコーヒーゼリーも◎!

次の山は思いっきり登りましょう!
楽しい登山を今か今かと待っています。

ライオン
  • by 
  • 2009/07/28 10:49 PM
今回もお疲れでした。
渓谷は場所も空き具合も丁度いいんだよな〜 まさに穴場。

今年はまだ全力で挑むような山に登ってないので、そろそろガツンと行きたいところ。
とりあえず、次回は獅子舞に合わせて、再度奥多摩かねぇ。
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL