▲雲取前の足慣らし - 高川山 (976m)

2009年10月14日 (水) 10:52



来月上旬に泊まりで雲取山に登る予定があるので、足慣らしも兼ねて、
山梨の高取山に登ってきた。
「山梨百名山」の1つにして、大月市の「秀麗富嶽十二景」にも数えられている。
「山梨百名山」って、一体幾つの山があるんだ山梨…
 

当初、今回は1人でサックリ登る予定でいたのだが、
何日か前に友人から山のことで相談したいと連絡を貰ったので、
それならついでに登ろうということになり、2人で登った。
実は俺が4年前にトレッキングを始めて、最初に誘ったのが今回の同行者。
夏に尾瀬に行ったメンバーの1人ながら、所謂「登山」に行くのはそれ以来なので、
何と4年振りということになる。(登山以外でちょくちょく会ってるけど)

前にも書いたが、山梨と言っても高尾から電車で数十分。
特に中央本線沿線の山なら乗り換えもほとんど無いので、
一般的なイメージよりも、ずっと気軽に行くことが出来る。
ちなみに奥多摩よりも人が少ないので、静かな山歩きにもオススメ。



今回登る高川山は、大月の次の初狩駅から徒歩で登れて、
下山も富士急行大月線の禾生駅と田野倉駅まで徒歩で下りられる。
どのルートでも大体2時間あれば登れるし、時間を気にしなくていい気軽な山。

奥多摩・山梨方面は大体そうだが、そろそろ熊が出没する時季なので、
熊とそれを狙うハンターに気を付ける必要がある。
まぁ、登山道に熊が出ない限りはハンターに出くわすこともないので、
基本的には熊避けの鈴を携行して、注意しつつ歩くということになるだろう。


登山道に入ってすぐに、「男坂・女坂」と「沢コース」との分岐が現れる。
案内板には前者が新道、後者が旧道と書かれている。
どちらも大差無いらしいのだが、沢伝いの方が涼しげでいいだろうということで、
今回は「沢コース」を選択。沢伝いと言うか、沢に並走している感じだった。
こちらのコースは分岐後もしばらく舗装路が続くので歩き易いのだけど、
ただでさえ山頂までが短い道程なのに、更に舗装路が多いのでちょっと微妙。
舗装路を過ぎると細くて不安定な斜面が続くので、そこで多少挽回出来たかも。

分岐から30分程で、女坂と合流。ここから更に30分で山頂に出た。
山頂は大きな岩が突き出ていて狭かったが、ほぼ360度の展望はなかなか。
この日は大きな雲が出ていて、富士山は拝めなかったのが少々残念。

それから、この山頂には「ビッキー」なる野犬が住み着いているらしいのだが、
こちらも折り悪く不在の様子。
俺はここに来るまで存在を知らなかったから別にいいんだけど、
オバちゃん達は一様に残念がっていた。

例によって、カップ麺&おにぎり2つとコーヒーのコンボで昼食とし、
帰りは東側の別ルートで、富士急行の田野倉駅を目指す。
こちらは滑り易い岩場の急斜面が幾つかあり、なかなかの緊張感。
広葉樹林→岩場→ヤブ→植樹林と変化に富んだコースをマイペースで下山。
帰りも駅にそのまま下りられるので、時間を気にしなくて良いから気楽。


山道を抜けて中央自動車道を潜ると、右手に尾県郷土資料館がある。
今回は入館はしなかったのだが、その前にある公園で子供達が遊んでいて、
あまりに楽しそうだったので、触発されて遊具で遊んでしまった。
滑り台、鉄棒、ブランコで靴投げ、どれも大人になってからまともにやった記憶は無い。
特に靴投げは小学校の頃に相当やり込んでいたのだが、
久々にやると真上に飛ばしたり、飛ばす前に脱げてしまったりする体たらく…


【 登山データ 】 高川山 967m(山梨・御坂山地)
コース:
初狩駅→高川山登山口→女坂合流点→高川山山頂→禾生分岐点→田野倉川登山口→田野倉駅
コース長:6.4km

初狩・禾生・田野倉の3駅から徒歩2時間程度でアクセス出来、コース選択の幅も広い。
それぞれ駅の近くにコンビニがあるので、直前での買い足しも可能。

往路は道幅が狭く、傾いている区間があるので若干注意が必要。
復路は急斜面の岩場があり、そこそこ緊張感がある。
全体的に、距離の割には変化に富んだコースで飽きない。

岩場の狭い山頂だが、ほぼ360度の展望。富士山を筆頭に周辺の山々を見渡せる。
全体と通してトイレや茶屋は一切無いので、事前に準備が必要。
道幅が狭かったり、岩場が多かったりするので、ストックとの相性はイマイチ。

コメント
諸々ありがとうございました。
ギリギリまで、すんませんでした。

登るのは4年ぶりかぁ・・随分だなw
ギアを買った勢いがあるので、今回のくらいのならかなりポジになりますわ。これから秋ですし。

遊具で遊んだのがマジで楽しかった・・そして・・ドキドキ。。
  • by hikaru
  • 2009/10/15 9:02 PM
うっす、登れれば全然構わねぇっす。
関東近県は低山の宝庫なので、今回ぐらいの山なら色々あるよ。
紅葉登山もいいね。

靴投げは1勝1敗。2戦目は完敗なので、いつかリベンジを。
ドキドキ・・・
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL