▲聳え立つ岩の城 - 瑞牆山 (2,230m)

2016年09月10日 (土) 23:57

天候が安定しない日が続く中、合間を縫って何とか一山と思い、いつものメンバーで相談。
3人が東京西部か神奈川、1人が茨城という構成のため、毎度選定に苦心するんだけど、
今回はその茨城の1人が交通費を奮発すると意気込み、山梨の瑞牆山に登ることに。
前日になって1人が体調不良で脱落し、去年の丹沢縦走 と同じメンバーが残った。


 

▲精神的にシンドい難コース - 両神山 (1,723m)

2016年05月28日 (土) 16:15

春先に登ろうとしていた山行スケジュールの折り合いが付かず延期していたため、
入梅前に調整して3人で両神山に登ることに。
伊弉諾・伊弉冉尊(いざなぎ・いざなみのみこと)の二神を祀るために両神山と呼ばれているらしい。
先週は やまそら祭 で飯能に来ていたので、偶然だが2週続けて秩父に向かうことになった。


 

▲春霞の富士展望ハイク - 石割山 (1,412m)

2016年04月09日 (土) 23:21

計画自体は3月時点からあったんだけど、スケジュール調整に難航して、
4月に入ってようやく今年の山初めに漕ぎ着けることが出来た。
昨年末の山行 から既に4ヶ月、冬の間の運動不足も極まり、すっかり鈍った身体に喝を入れるべく、
今回は友人と2人で山中湖北岸の山々をプチ縦走することにする。
ピークは山中湖北東部の石割山だが、それ自体は割とすぐに登れてしまうので、
そこから西側に向かって小ピークを渡り歩き、コース全体で1つの山といった感覚のプランを組んだ。


 

▲白砂の別天地 - 日向山 (1,660m)

2015年12月13日 (日) 23:45

11月に計画した山行が雨で 温泉企画 にシフトしたため、「年内に登ってきたら?」との心温まる進言を得て、
年の瀬一歩手前で今年最後、約半年振り の山行を実現出来る運びとなった。
12月ともなると陽が落ちるのも早いし、エリアによっては着雪や凍結といったリスクも出て来るので、
まだ登ったことが無い山から候補を探すのも案外苦労する。
一時期のように月2のハイペースで登るなら「微妙な山でもとりあえず登っとけ!」というノリで行けるが、
限られた機会を充実させようと思うと、それなりに熟考が必要になる。

ただ、今年からは車じゃないと選びづらい山も選択肢に加えられるようになったこともあり、
今までは候補から外していた山も気兼ねなく選べるようになっているのが心強い。
そんなこんなで雪や凍結の心配が少なく、7月からのブランクを考慮して気軽に登れる山の中から、
車じゃないと行きづらい山梨の日向山に登ることにした。


 

▲酷暑の丹沢主脈・主稜縦走 2日目 - 丹沢山・蛭ヶ岳・檜洞丸 (1,673m)

2015年07月20日 (月) 23:59

1日目 からの続き。2日目は3時に起床。
隣のおじさんの鼾はなかなかの大音量だったけど、耳栓のお陰で何とか事なきを得た。
周囲を起こさないように布団を畳み、1階に下りて身支度を始める。
外に出てみると、何となく想像は付いていたけど、生憎の雨模様。
ただ、そこまで強く降っているわけではないので、とりあえずの行軍には影響無さそう。
天気が良ければ4時頃から朝焼け、そして朝日が観られるはずなんだけど、さすがに望み薄か・・・


 

続きを読む >>